【スペック】全長×全幅×全高=4405×1745×1465mm/ホイールベース=2640mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.3kgm/4500rpm)/車両本体価格=148.0万円(テスト車=183.5万円)

マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】

マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT) 2003.12.16 試乗記 ……183.5万円総合評価……★★★マツダの新世代モデル第4弾として、2003年10月15日にリリースされたアクセラ/アクセラスポーツ。「コンパクトを超えたインパクト」とカタログに記される5ドアハッチはどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキが、ベーシックグレードの「15F」に乗った。

 

世話女房

大地に踏ん張った4つの車輪。それらを強調すべく、ボンネットにクッキリ浮き出たV字のラインと、左右から絞られたキャビンをもつアクセラスポーツ。5ドアハッチから「といううすのろ」を排除したかった?
ベーシックグレード「15F」のドアを開け、やや“廉価版”を感じさせるシートに腰をおろせば、深いひさしをもつ3連メーターがスポーティ。「ホコリが溜まらないかしらん?」なんて、所帯じみたことは考えないように。
走りはじめれば、意外やおとなしい。114psの1.5リッターは必要十分なアウトプットを生み出すけれど、アクセルペダルの操作に対するクルマの反応は緩慢で、「23S」の元気溌剌さを知る身には、すこし寂しい。
マルチリンク化されたリアサスは、都会でも“曲がり”で頑張れば、高いポテンシャルを垣間見せるが、まあ、たいていは隠しっぱなしのツメでありましょう。15Fは、多数の平均的ユーザーに数売ることで、華やかなトップモデルをボトムで支える世話女房。そう考えると、これでいいのかもしれない。


 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2003年10月15日に発表されたマツダのコンパクトカー。「ファミリア」の後継にあたる。4ドアセダン「アクセラ」と、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」と、2種類のボディラインナップをもつ。「アテンザ(海外名Mazda6)」(2002年5月発売)、「デミオ(同Mazda2)」(2002年8月)、そして「RX-8」(2003年4月)に続く、マツダの次世代商品群の第4弾。欧州をはじめとする世界各国では「Mazda3」の名で販売される世界戦略車である。
新開発のプラットフォームは、フォードグループのボルボ「S40」や、次期フォード「フォーカス」と共有する。
エンジンでグレードが異なり、1.5リッター(114ps、14.3kgm)搭載の「15F」、2リッター(150ps、18.7kgm)の「20C」、そして2.3リッター(171ps、21.8kgm)を積む「23S」の3種類。トランスミッションは、マニュアルモード「アクティブマチック」付き4段ATが基本。5段MTの設定は、1.5リッターの最廉価モデルのみだが、2003年末頃、2.3リッターにも5段MT仕様を追加するという。駆動方式はFFのみ。
(グレード概要)
「アクセラスポーツ15F」は、5ドアハッチのベーシックグレード。足まわりが15インチの「鉄チンホイール+ホイールカバー」となり、「フロントフォグランプ」「リアルーフスポイラー」「マフラーカッター」が備わらないのが、上級グレードとの外観上の差。
インテリアは、シート地が「フラットウーブン」、ガーニッシュに「シルバー」が採用され、「ステアリングホイールのオーディオコントロールスイッチなし」「マニュアルエアコン」「2スピーカー」など、装備が簡略化される。


 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
“東洋のアルファ”たらんとする野望が感じられるスポーティなインパネまわり。「樹脂類の質感」「組み立て精度」などは“お値段相応”だが、厳しいコストを、デザインと新意匠の素材でカバーしようとする努力が痛いほど感じられる。簡素で機能的なダイヤル、スイッチ類に好感。ことに空調関係のコントロールはわかりやすい。夜は、全体に赤いバックライトが点いて、キレイ。
(前席)……★★★
おとなしく平板な見かけのわりに、座り心地は悪くない。サイドサポートの張り出しはごく控えめだが、腰まわりの左右を、意外なほどしっかり支えてくれる。ドライバーズシートのみ、座面横のレバーを上下することで、シート全体の高さを調整することができる。マツダのワールドモデルだけあってか、大きなスライド量が印象的。
(後席)……★★★★
車検上は3名座れるリアシートだが、左右独立して前に張り出すシートクッション、2つしか用意されないヘッドレストからわかるように、実質2人用。十分な長さの座面、わずかに窪んで上半身を安定させる背もたれと、前席同様、見かけより座り心地はしっかりしている。
後ろまで延びる長いルーフの恩恵で、夏場でも、強い日差しの直撃は防げそう。ヘッドクリアランス、膝前空間とも、不満ないレベル。ただし足先は、前席取り付けステーに左右を挟まれるカタチで、フロントシートの下に入れなければならない。
(荷室)……★★
床面最大幅104cm、奥行き84cm、パーセルシェルフまでの高さは43cm。テールエンドに向かってキャビンが左右に絞られる関係で、荷室の絶対的な容量いまひとつだが、そのぶん、形状はスクエアで使いやすそう。床下に、薄い収納部あり。「フレキシブルフロアボード」と呼ばれる前後2分割されたフロアボードを使って、ラゲッジスペースを上下や前後に区分けすることができる。
リアシートの背もたれは分割可倒式。シートバックを前に倒せば、容易にラゲッジスペースを広げることが可能だ。


 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
マツダ・アクセラスポーツ15F(4AT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
可変吸気、可変バルブタイミング機構を備えたマツダ自慢のオールアルミ新世代エンジン「MZR」を搭載。あえてエンジン音を排除しないつくりで、フルスケール回すと、なかなか勇ましい。
とはいえ、「D」レンジで普通に走ると、各ギアの守備範囲が広い4段ATと組み合わされることもあり、クルマのルックスほど“躍動感溢れる走り”を披露するわけではない。むしろ、おとなしい。本気でキビキビ走りたいなら「シーケンシャルシフトを使え」ということか。これは、シフターを前に押すとギアが落ち、手前に引くとシフトアップする、BMW流を採る。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
たとえば、かつて「トヨタ・カローラII」に乗っていたヒトがアクセラスポーツに乗り換えたら、まずは乗り心地が「ゴツゴツする」と感じるだろう。
一方で、路面のインフォメーションをしっかり伝える足まわりから、ステアリングを切るとサッと向きを変えるシャープなハンドリングとあわせ、(抑えめの動力系にだいぶスポイルされているとはいえ)、マツダの目指す「はつらつとした」ドライブフィールの片鱗を感じ取ることができる。付け加えるなら、完全独立のリアサスは、このクラスではオーバークオリティといえるデキだ。

(写真=高橋信宏)

 

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年11月26-27日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:2555km
タイヤ:(前)195/65R15 91H(後)同じ(いずれもブリヂストンB390)
オプション装備:Fパッケージ(オートライトコントロール/レインセンサーワイパー/撥水ガラス+ドアミラー/フロントフォグランプ/CDデッキ+4スピーカー/オーディオリモートコントロールスイッチ)/フルオートエアコン/ダークティンデッドガラス/DVDナビゲーションシステム+TVチューナー&ガラスプリントアンテナ/ディスチャージヘッドランプ(35.5万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:257.7km
使用燃料:25.8リッター
参考燃費:10.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る