スズキ、3種のコンパクトカーに特別仕様車を設定

2003.12.15 自動車ニュース
 

スズキ、3種のコンパクトカーに特別仕様車を設定

スズキは、「シボレークルーズ」「ワゴンRソリオ」「スイフト」のコンパクトカー3車種に、人気装備を与えたお買い得仕様車を設定。2003年12月12日に発売した。


写真のモデルは、いずれも専用ボディ色。上の「シボレークルーズSリミテッド」が、アズールグレーパールメタリック。下の「ワゴンRソリオSリミテッド」は、キャッツアイブルーメタリックだ。ボディ色はほかに、4色がラインナップされる。
 

「シボレークルーズSリミテッド」と「ワゴンRソリオSリミテッド」は、それぞれ「クルーズ1.3LT」「ワゴンRソリオ1.3WELL S」をベースに、内外装をスポーティに演出した特別仕様車。オーディオにMD/CDステレオを採用したほか、「ワゴンRソリオ」にはノーマルより1インチアップの165/55R15サイズタイヤと、オートエアコンも特別装備される。

価格は「シボレークルーズSリミテッド」はベース車より7.0万円高い、126.5万円(FF/4AT)と143.5万円(4WD/4AT)。「ワゴンRソリオSリミテッド」はベース車の6.0万円高、125.0万円(FF/4AT)と136.7万円(4WD/4AT)。


「スイフトLリミテッド」。ボディ色は、パステル調の「シャーベットオレンジメタリック」。
 

「スイフトLリミテッド」は、ベーシックグレード「SE-Z」がベース。特別装備として、車体同色ドアミラー/ドアハンドル、スモークガラス、UVカットガラスが備わる。ボディカラーには、専用のパステル調カラー3色を加えた、全6色が設定された。
価格はベース車3.3万円高となる、89.8万円(FF/4AT)と102.8万円(4WD/4AT)。

(webCG 本諏訪)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る