スズキ、3種のコンパクトカーに特別仕様車を設定

2003.12.15 自動車ニュース
 

スズキ、3種のコンパクトカーに特別仕様車を設定

スズキは、「シボレークルーズ」「ワゴンRソリオ」「スイフト」のコンパクトカー3車種に、人気装備を与えたお買い得仕様車を設定。2003年12月12日に発売した。


写真のモデルは、いずれも専用ボディ色。上の「シボレークルーズSリミテッド」が、アズールグレーパールメタリック。下の「ワゴンRソリオSリミテッド」は、キャッツアイブルーメタリックだ。ボディ色はほかに、4色がラインナップされる。
 

「シボレークルーズSリミテッド」と「ワゴンRソリオSリミテッド」は、それぞれ「クルーズ1.3LT」「ワゴンRソリオ1.3WELL S」をベースに、内外装をスポーティに演出した特別仕様車。オーディオにMD/CDステレオを採用したほか、「ワゴンRソリオ」にはノーマルより1インチアップの165/55R15サイズタイヤと、オートエアコンも特別装備される。

価格は「シボレークルーズSリミテッド」はベース車より7.0万円高い、126.5万円(FF/4AT)と143.5万円(4WD/4AT)。「ワゴンRソリオSリミテッド」はベース車の6.0万円高、125.0万円(FF/4AT)と136.7万円(4WD/4AT)。


「スイフトLリミテッド」。ボディ色は、パステル調の「シャーベットオレンジメタリック」。
 

「スイフトLリミテッド」は、ベーシックグレード「SE-Z」がベース。特別装備として、車体同色ドアミラー/ドアハンドル、スモークガラス、UVカットガラスが備わる。ボディカラーには、専用のパステル調カラー3色を加えた、全6色が設定された。
価格はベース車3.3万円高となる、89.8万円(FF/4AT)と102.8万円(4WD/4AT)。

(webCG 本諏訪)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
ホームへ戻る