三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破

2003.12.12 自動車ニュース

三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破

三菱自動車は、「パジェロ」「パジェロイオ」「パジェロミニ」で構成される「パジェロシリーズ」の国内販売累計が、2003年11月末時点で120万台を超えたと発表した。初代パジェロの登場以来、21年6ヶ月での到達。120万台の内訳は、パジェロが60万1697台、「イオ」(「ジュニア」を含む)20万2875台、「ミニ」39万6459台。

パジェロといえば、「パリダカールラリー」(現ダカールラリー)の活躍などで有名な、本格クロスカントリー4WD。1982年5月の発売当初は、「三菱ジープ」の発展型として“商用バン”に位置付けられていた。SUV用途の増加にともない、乗用車登録できるワゴンとしてデビューしたのは、1983年3月のこと。以後、2度のフルモデルチェンジを経た。
パジェロの人気にあやかり、オフロードカーの雰囲気を保ちつつ軽自動車ベースにまでミニチュア化させたのが、1994年12月に登場した「パジェロミニ」。さらに1995年11月、両モデルのサイズ差を埋めるべく、「ミニ」をベースに1.1リッターエンジンを搭載した「パジェロジュニア」が誕生。1998年6月に5ナンバーサイズの「パジェロイオ」に改まり、現在の3兄弟に至る。

パジェロの発売直後から、国内外のオフロードレースやラリーでともに戦ってきたという、ラリードライバーの増岡浩氏は、“20年来の戦友”の朗報に、「非常にうれしく思っています。世界一過酷な“パリダカ”に、20年以上の連続参戦で培った技術的ノウハウをフィードバックしたパジェロは、世界トップレベルの性能を誇るクルマです。さらなる発展に向け、私も頑張っていきます」とコメントした。増岡氏は2004年も、ダカールラリーに「パジェロエボリューション」で参戦する予定。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.com/

 
三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破の画像

関連キーワード:
パジェロパジェロイオパジェロミニ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る