三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破

2003.12.12 自動車ニュース

三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破

三菱自動車は、「パジェロ」「パジェロイオ」「パジェロミニ」で構成される「パジェロシリーズ」の国内販売累計が、2003年11月末時点で120万台を超えたと発表した。初代パジェロの登場以来、21年6ヶ月での到達。120万台の内訳は、パジェロが60万1697台、「イオ」(「ジュニア」を含む)20万2875台、「ミニ」39万6459台。

パジェロといえば、「パリダカールラリー」(現ダカールラリー)の活躍などで有名な、本格クロスカントリー4WD。1982年5月の発売当初は、「三菱ジープ」の発展型として“商用バン”に位置付けられていた。SUV用途の増加にともない、乗用車登録できるワゴンとしてデビューしたのは、1983年3月のこと。以後、2度のフルモデルチェンジを経た。
パジェロの人気にあやかり、オフロードカーの雰囲気を保ちつつ軽自動車ベースにまでミニチュア化させたのが、1994年12月に登場した「パジェロミニ」。さらに1995年11月、両モデルのサイズ差を埋めるべく、「ミニ」をベースに1.1リッターエンジンを搭載した「パジェロジュニア」が誕生。1998年6月に5ナンバーサイズの「パジェロイオ」に改まり、現在の3兄弟に至る。

パジェロの発売直後から、国内外のオフロードレースやラリーでともに戦ってきたという、ラリードライバーの増岡浩氏は、“20年来の戦友”の朗報に、「非常にうれしく思っています。世界一過酷な“パリダカ”に、20年以上の連続参戦で培った技術的ノウハウをフィードバックしたパジェロは、世界トップレベルの性能を誇るクルマです。さらなる発展に向け、私も頑張っていきます」とコメントした。増岡氏は2004年も、ダカールラリーに「パジェロエボリューション」で参戦する予定。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.com/

 
三菱「パジェロ」シリーズが国内販売120万台を突破の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る