オーテック、日産「キューブ」シリーズの特別仕様車「トラビス」発売

2003.12.11 自動車ニュース

オーテック、日産「キューブ」シリーズの特別仕様車「トラビス」発売

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、コンパクトクラスのハイトワゴン「キューブ」と、3列シートを備えた7人乗りのミニミニバン「キューブ³(キュービック)」に、外装をスポーティにドレスアップする専用パーツを装着した特別仕様車「トラビス」を設定し、2003年12月9日から発売を始めた。

「トラビス」のコンセプトは、「週末の行動範囲をさらに広げるトレッキング・ボックス」。「トラベル」など「交通」の接頭語である「TRA」と、ラテン語で「ブラボー・アンコール」を指す「BIS」とを組み合わせ、「すばらしき旅」を意味して命名したという。

ベース車は、キューブシリーズのハイグレード「SX」。それぞれ、フロントグリルやフロントバンパー、リヤアンダープロテクターなどを付与。インテリアは、シート地やクラスターパネル、インスト光輝モールなど、専用パーツで仕上げた。
内装色はグラファイトで、ボディカラーはホワイトパールやアイボリーホワイトなど5色が用意される。

価格はベース車比で、「キューブ」が27.2万円、「キューブキュービック」が26.0万円高い。

●キューブ トラビス
FF/4AT:152.0万円
FF/CVT:156.8万円
e-4WD/4AT:170.0万円
●キューブ キュービック トラビス
FF/4AT:165.8万円
FF/CVT:170.6万円

(webCG カワデ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/
オーテックジャパン:http://www.autech.co.jp/

 
オーテック、日産「キューブ」シリーズの特別仕様車「トラビス」発売の画像

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • オーテックが「キューブ ライダー」の仕様を変更 2018.4.17 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2018年4月17日、「日産キューブ」のカスタマイズドカー「ライダー」の仕様を変更し、販売を開始した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
ホームへ戻る