ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

2003.12.11 自動車ニュース
 

ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

ポルシェジャパンは、2シータースポーツ「ボクスターS」に、限定モデル「ボクスターS 550スパイダーエディション」を設定。2003年12月6日から販売を開始した。



 

「ボクスターS 550スパイダーエディション」は、往年のミドシップロードスター「550スパイダー」のデビュー50周年を記念した限定モデル。エンジン出力向上に加え、内外装に専用装備が奢られる。

3.2リッター水平対向6気筒エンジンは、ノーマルより6ps増の266ps/6200rpmを発生。6段MTのシフトストロークを、通常より15%短く設計するなど、細かいチューンも施された。
サスペンションは、より“スポーティ”にセッティングされるほか、車高がノーマルより10mm低め、ロードホールディングと横剛性をアップ。ブレーキも強化され、ノーマルより径を拡大したドリルド・ホールディスクを装着する。足元には、ノーマルより1インチアップ、オプションと同サイズの18インチタイヤ&ホイールが組みあわせられた。

ボディカラーは、550ゆずりの「GTシルバーメタリック」。ソフトトップは専用色のココアブラウンとなる。インテリアの各所にも特別色を配したほか、センターコンソール上のシリアルナンバープレートがスペシャル感を演出する。
外観では他に、リアトリムのエアインテークグリルがシルバーでカラーリングされ、リアエンドのエンブレムがポリッシュ仕上げとなる。


ポルシェ「550スパイダー」
 

550スパイダーがデビューした1953年にちなみ、「ボクスターS 550スパイダーエディション」は全世界で1953台を生産。ポルシェジャパンでは61台を輸入する。価格は、ベース車比83.0万円高の、733.0万円(6MT/左ハンドル)と、793.0万円(5AT/右、左ハンドル)。デリバリーは2004年3月以降が予定される。

ポルシェ「550スパイダー」は1953年にデビューした2シーターロードスター。550kgの軽量ボディに、1.5リッター水平対向4気筒をミドシップしたスポーツカーで、数々のレースシーンで活躍した。

(webCG 本諏訪)

ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
ボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ポルシェ、初の電気自動車「ミッションE」を2020年に国内導入 2018.5.28 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2018年5月28日、ポルシェブランドの設立70周年を記念した記者会見を開き、ブランドの現状と、電動化を中心とした今後の取り組みについて発表した。
  • 谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(後編) 2018.5.24 mobileCG 「限界を引き出すテクニックは必要ない。むしろ大事なのは……」 レーシングドライバー谷口信輝が、高性能モデル「ポルシェ911 GT3」の走りをプロフェッショナルの視点から熱く語る。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
ホームへ戻る