ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

2003.12.11 自動車ニュース
 

ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

ポルシェジャパンは、2シータースポーツ「ボクスターS」に、限定モデル「ボクスターS 550スパイダーエディション」を設定。2003年12月6日から販売を開始した。



 

「ボクスターS 550スパイダーエディション」は、往年のミドシップロードスター「550スパイダー」のデビュー50周年を記念した限定モデル。エンジン出力向上に加え、内外装に専用装備が奢られる。

3.2リッター水平対向6気筒エンジンは、ノーマルより6ps増の266ps/6200rpmを発生。6段MTのシフトストロークを、通常より15%短く設計するなど、細かいチューンも施された。
サスペンションは、より“スポーティ”にセッティングされるほか、車高がノーマルより10mm低め、ロードホールディングと横剛性をアップ。ブレーキも強化され、ノーマルより径を拡大したドリルド・ホールディスクを装着する。足元には、ノーマルより1インチアップ、オプションと同サイズの18インチタイヤ&ホイールが組みあわせられた。

ボディカラーは、550ゆずりの「GTシルバーメタリック」。ソフトトップは専用色のココアブラウンとなる。インテリアの各所にも特別色を配したほか、センターコンソール上のシリアルナンバープレートがスペシャル感を演出する。
外観では他に、リアトリムのエアインテークグリルがシルバーでカラーリングされ、リアエンドのエンブレムがポリッシュ仕上げとなる。


ポルシェ「550スパイダー」
 

550スパイダーがデビューした1953年にちなみ、「ボクスターS 550スパイダーエディション」は全世界で1953台を生産。ポルシェジャパンでは61台を輸入する。価格は、ベース車比83.0万円高の、733.0万円(6MT/左ハンドル)と、793.0万円(5AT/右、左ハンドル)。デリバリーは2004年3月以降が予定される。

ポルシェ「550スパイダー」は1953年にデビューした2シーターロードスター。550kgの軽量ボディに、1.5リッター水平対向4気筒をミドシップしたスポーツカーで、数々のレースシーンで活躍した。

(webCG 本諏訪)

ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る