ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

2003.12.11 自動車ニュース
 

ポルシェ「ボクスターS」の限定モデルを発売

ポルシェジャパンは、2シータースポーツ「ボクスターS」に、限定モデル「ボクスターS 550スパイダーエディション」を設定。2003年12月6日から販売を開始した。



 

「ボクスターS 550スパイダーエディション」は、往年のミドシップロードスター「550スパイダー」のデビュー50周年を記念した限定モデル。エンジン出力向上に加え、内外装に専用装備が奢られる。

3.2リッター水平対向6気筒エンジンは、ノーマルより6ps増の266ps/6200rpmを発生。6段MTのシフトストロークを、通常より15%短く設計するなど、細かいチューンも施された。
サスペンションは、より“スポーティ”にセッティングされるほか、車高がノーマルより10mm低め、ロードホールディングと横剛性をアップ。ブレーキも強化され、ノーマルより径を拡大したドリルド・ホールディスクを装着する。足元には、ノーマルより1インチアップ、オプションと同サイズの18インチタイヤ&ホイールが組みあわせられた。

ボディカラーは、550ゆずりの「GTシルバーメタリック」。ソフトトップは専用色のココアブラウンとなる。インテリアの各所にも特別色を配したほか、センターコンソール上のシリアルナンバープレートがスペシャル感を演出する。
外観では他に、リアトリムのエアインテークグリルがシルバーでカラーリングされ、リアエンドのエンブレムがポリッシュ仕上げとなる。


ポルシェ「550スパイダー」
 

550スパイダーがデビューした1953年にちなみ、「ボクスターS 550スパイダーエディション」は全世界で1953台を生産。ポルシェジャパンでは61台を輸入する。価格は、ベース車比83.0万円高の、733.0万円(6MT/左ハンドル)と、793.0万円(5AT/右、左ハンドル)。デリバリーは2004年3月以降が予定される。

ポルシェ「550スパイダー」は1953年にデビューした2シーターロードスター。550kgの軽量ボディに、1.5リッター水平対向4気筒をミドシップしたスポーツカーで、数々のレースシーンで活躍した。

(webCG 本諏訪)

ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る