日産、クーペ・カブリオレ版「マーチ」の生産を発表

2003.12.08 自動車ニュース
 

日産、クーペ・カブリオレ版「マーチ」の生産を発表

日産自動車は、コンパクトカー「マーチ」に格納式ハードトップを与えたクーペ・カブリオレの生産を、2003年12月5日に発表した。2005年を目処に、欧州にて「マイクラC+C」の名で販売するという。


ボディサイズと2+2のシートレイアウト、ルーフ機構、名前と、プジョー「206CC」によく似た「マイクラC+C」。パリサロンに出品されたコンセプトカーのトランク容量は、クーペ時300リッター、オープン時は200リッターと発表された。ちなみに、206CCはクーペ時410リッター。
 

欧州名「マイクラ」こと、日産「マーチ」のヨーロッパデビューにあわせ、2002年のパリサロンにコンセプトカーとして出品された「マイクラC+C」が、2005年中にかの地で販売されることになった。C+C(クーペ・カブリオレ)の名が示す通り、リトラクタブルルーフをもつオープンモデルである。
デザインは、英ロンドンの「NDE」(日産デザインヨーロッパ)が行い、ベッドフォードシャーの「NTCE」(日産テクニカルセンターヨーロッパ)が開発を行う。生産は「NMUK」(英国日産自動車製造会社)のサンダーランド工場にて、マイクラと同じラインで組み立てられる。リリース当初の目標生産台数は2万台という。

オープンモデルにしばしば見られるが、ルーフ機構は日産自製ではない。コンセプトカーのルーフは、仏ユーリエ製だったが、量産車のそれは、独カルマン社との共同開発によるもの。NMUK敷地内に、ルーフ機構とブートリッドモジュールの組み立て施設を設置し、完成品を工場に供給する。
なお、スペックや価格などは後日発表されるという。

(webCGオオサワ)

【関連リンク】
「木村衛星 第14回『やぶ睨みパリサロン報告』」:http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/essays/000012246.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る