【スペック】エリオ1.5:全長×全幅×全高=4230×1690×1550mm/ホイールベース=2480mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=139.8万(テスト車=146.6万円/AM/FMラジオ付CD/MDプレーヤー/オーディオガーニッシュ/シルバーアッシュトレイ(6.8万円))

スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】

正しいマイナーチェンジ 2003.12.05 試乗記 スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)……146.6万円/143.9万円スズキの世界戦略車「エリオ」。2003年11月7日に内外装を中心にマイナーチェンジを受けた。山梨県で開かれたプレス向け試乗会で、自動車ジャーナリストの笹目二朗が、ハッチバックの「エリオ」とセダン「エリオセダン」に乗った。

 
スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】の画像

 
スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】の画像

薄れた個性

スズキ「エリオ」は、ハッチバックのワゴン風ボディを「エリオ」、4ドアのノッチバックを「エリオセダン」と分けて呼ぶ。コンパクトなお手頃サイズのボディは、カローラやゴルフなどと同じ、国際的な“量販標準車”のクラスに属する。競合ひしめく市場であることを考慮してか、グレード拡充や運動性能ではライバルとの直接対決を避け、内外装やパッケージングにスズキらしい個性をもたせた、小洒落た存在だ。

今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクが、横桟グリルなどの採用により、従来より一般的な顔つきとなった。インテリアも、斜めに切りこみの入ったダッシュボードと、そこから覗くデジタルメーターが廃止され、ごく普通のアナログ式が収まる。黒を基調としたカラーリングなど、全体をスポーティな性格の1.8リッター版と共用化され、個性はやや薄れた。とはいえ、走らせれば良質な走行感覚があり、比較的廉価な価格設定はお買得感をそそる。


 
スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】の画像

 
スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】の画像

軽快な回頭性

エンジンは、1.5リッター(110ps)と1.8リッター(125ps)の直4DOHC16バルブがあるが、フードを開けてみれば、あっけないほどコンパクトに収まっていた。縦置きにしても入るんじゃないか? と思えるほど、エンジンルームに余裕がある。これは、海外向けにより大きな4気筒(北米は2.3リッター)や、ディーゼルエンジンの搭載に備えたためだ。フロントの軸重量に余裕があることによって、エリオのハンドリングは、ノーズの慣性重量を感じさせない、軽快な回頭性を約束する。
1.5リッターのフィールは、最近の妙なフラットなトルク特性に偏重することなく、まわせばまわしたなりに力の出る自然な感覚をもつ。そのうえで低速トルクの不足は感じられない。特別パワーにこだわらず、騒音レベルは多少増加しても、フルに使える人には充分役に立つエンジンだ。ちなみに、1.5、1.8リッターともボアやストロークを共有せず、きちんとスクエアな設定(78×78mmと83×83mm)。こういうユニットは感覚も同じで、パワー差は排気量なりの違いとなる。

自動車ジャーナリストの笹目二朗氏。
 
【スペック】
エリオセダン1.5:全長×全幅×全高=4350×1690×1545mm/ホイールベース=2480mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=143.9万円(テスト車=146.6万円/AM/FMラジオ付CD/MDプレーヤー/オーディオガーニッシュ/シルバーアッシュトレイ(6.8万円))
 

選択はお好みで

マイナーチェンジの主な目的であるサスペンション系の改良は、乗り心地の改善が著しい。具体的には、スタビライザーの取り付け位置を、アームからストラットに変更。スタビライザーの効率を上げる一方、バネとダンパーをよりソフトな設定としながら、ロールを抑えた結果だ。ガチガチに硬めて乗り心地を悪くすることが、スポーティな感覚と勘違いしている向きもあるが、エリオの場合は、タイヤの接地性を高める正しい方向の改良が行われたといえよう。

ハッチバックに続き、ノッチバックセダンにも、短時間ながら試乗した。ボディ形状を反映し、ハッチがスポーティ、セダンはラクシャリーな性格付けがなされたほか、足まわりのセッティングが異なる。前後スタビライザー径は同じだが、ダンパー減衰力、コイルスプリングのレートとも、ハッチバックのほうが大きい。つまり硬い。タイヤサイズも、ハッチバックの方が多少スポーティな「195/55R15」、若干ソフトな足をもつセダンは「185/65R14」を履く。
走ってみると、曲がる・止まるといった走行感覚の差は大きくないが、やはり後部の軽いセダンの方が軽快感があり、乗り心地もよかった。とはいえ先述したように、マイナーチェンジで足まわりに良好なチューンが施されたから、車型は用途や好みによって選べばよいだろう。

(文=笹目二朗/写真=中里慎一郎/2003年12月)

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
ホームへ戻る