レカロ、国産高級レザーを使った3タイプのシートを発売

2003.12.05 自動車ニュース

レカロ、国産高級レザーを使った3タイプのシートを発売

カーシートメーカーのレカロは、“国産最高品質”を謳うレザーを使用したシート3種を、2003年12月5日までに順次発売する。

新たに発売するのは、コンフォート系の「STYLE-JC“RODEO DRIVE”」、ショルダーサポートの張り出しがスポーティな「SPORT-JC LEATHER BLACK」、そしてFIAレギュレーションを満たす本格指向の「SP-GN“EDEL”」の3モデルだ。

「STYLE-JC“RODEO DRIVE”」は、高級SUV車に多いベージュ系の内装色に合わせ、レザーベージュを採用。1脚のシートをつくるために、牛2頭分の皮革から厳選した部位のみを使ったという。100セットの限定販売で、価格は1脚33.0万円。

「SPORT-JC LEATHER BLACK」も同様に、1脚につき牛2頭分の皮革を素材にしてつくられる。深みのあるブラックにこだわり、ダブルステッチとともにスポーティ感を強調した。価格は32.0万円だ。

「SP-GN“EDEL”」は、FIAレギュレーションやEC、日本の保安基準に適合したバケットタイプ。センターとショルダーの部分に、新素材の「ダブルカラーパンチングレザー」を使用し、見る角度によってブラックレザーパンチングの中に、赤色が見え隠れするつくりになっている。300脚の限定販売で、価格は29.0万円。

なお、3モデルとも、取り付けには別売のベースフレーム(1.0〜2.7万円)が必要。「SP-GN“EDEL”」はさらに、別売のサイドアダプター(1.0万円)が必要となる。


詳しくは、レカロコール(0800-919-5881、土・日・祝日を除く午前9時〜午後8時)まで。

(webCG カワデ)

「レカロ」:
http://www.recaro.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。