BMW、銀座で「6シリーズクーペ」を特別展示

2003.12.05 自動車ニュース
 

BMW、銀座で「6シリーズクーペ」を特別展示

BMWジャパンは、東京・銀座ソニービル内にある同社のブランドショップ「BMWパルス」で、ニューモデルの高級クーペ「645Ci」を特別展示する。展示期間は2003年12月1日から2004年1月16日まで。



 

「645Ci」は、2003年10月の東京モーターショーで国内初公開されたニューモデル。2003年10月25日から予約注文の受け付けが始まり、2004年早々にもデリバリー開始が予定される。価格は、6段AT仕様が990.0万円、シーケンシャル6段MTの「SMG」仕様は1000.0万円。

ちなみに、銀座・数寄屋橋交差点に面した屋外展示スペース「ソニースクエア」では、シャネルによるクリスマスディスプレイのなかで、BMWのモーターサイクル「F650CS Scarver」を展示する。こちらの展示期間は、2003年12月25日まで。

「BMWパルス」の概要は、以下の通り。
住所:東京都中央区銀座5-3-1ソニービル2階
電話:03-3574-1108
営業時間:午前11時〜午後7時
(大晦日と元旦のみ休業、1月2日と3日は正午から営業)

(webCG カワデ)

「BMWパルス」:http://www.bmw.co.jp/Fascination/BMW_Pulse/

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る