トヨタ「カルディナ」を一部改良

2003.12.04 自動車ニュース

トヨタ「カルディナ」を一部改良

トヨタ自動車は、ステーションワゴン「カルディナ」に、内装の高級感を高めるなど一部を改良し、2003年12月3日から発売した。

今回の一部改良で、2リッターターボを積むトップグレード「GT-FOUR」と、2リッター直噴搭載の「ZT」は、センタークラスターパネルなどをシルバーメタリックに変更。ベーシックな「Z」「X」のシート表皮をスエード調に変更し、内装の高級感を高めることに重点がおかれた。ボディカラーに「スーパーレッド」と「ホワイトパールクリスタルシャイン」(3.0万円のオプション)が加わったのも新しい。
さらに情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応する「DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション」が、新たにオプション設定されたのもニュースだ。

価格は、「X」と「Z」グレードが1.0万円高となったほかは従来のまま。「1.8 X」(FF/4AT)の173.8万円から、「2.0 GT-FOUR“Nエディション”」(4WD/4AT)の291.0万円まで。

なお、福祉車両のウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良が行われた。価格は、182.8万円から275.4万円まで。

(webCG カワデ)

トヨタ「カルディナ」:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/caldina/

 
トヨタ「カルディナ」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る