トヨタ「カルディナ」を一部改良

2003.12.04 自動車ニュース

トヨタ「カルディナ」を一部改良

トヨタ自動車は、ステーションワゴン「カルディナ」に、内装の高級感を高めるなど一部を改良し、2003年12月3日から発売した。

今回の一部改良で、2リッターターボを積むトップグレード「GT-FOUR」と、2リッター直噴搭載の「ZT」は、センタークラスターパネルなどをシルバーメタリックに変更。ベーシックな「Z」「X」のシート表皮をスエード調に変更し、内装の高級感を高めることに重点がおかれた。ボディカラーに「スーパーレッド」と「ホワイトパールクリスタルシャイン」(3.0万円のオプション)が加わったのも新しい。
さらに情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応する「DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション」が、新たにオプション設定されたのもニュースだ。

価格は、「X」と「Z」グレードが1.0万円高となったほかは従来のまま。「1.8 X」(FF/4AT)の173.8万円から、「2.0 GT-FOUR“Nエディション”」(4WD/4AT)の291.0万円まで。

なお、福祉車両のウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良が行われた。価格は、182.8万円から275.4万円まで。

(webCG カワデ)

トヨタ「カルディナ」:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/caldina/

 
トヨタ「カルディナ」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る