VW、「レーストゥアレグ」でダカールラリー参戦

2003.12.04 自動車ニュース
 

VW、「レーストゥアレグ」でダカールラリー参戦

フォルクスワーゲンは、2004年1月1日にスタートする「テレフォニカ・ダカールラリー2004」に、新設計の4WDマシン「レーストゥアレグ」で参戦すると、2003年12月3日に発表した。


10月に行われた最初のテストラン、そして11月にモロッコ砂漠で実施された大規模テストで上々の成績を収めたという「レーストゥアレグ」(右)。詳細は定かではないが、市販車「トゥアレグ」(左)の名前を一部に含んでいるものの、おそらく中身は砂漠を走る専用プロトタイプマシンであろう。
 

ドイツの巨人フォルクスワーゲンが、アフリカを舞台に繰り広げられるラリーレイド「ダカールラリー」に参戦を始めたのは2003年大会から。「ターレック」と呼ばれるバギータイプのプロトタイプマシンで出場し、総合6位でゴールした。

先行テストプログラムであったターレックの後を継ぐ「レーストゥアレグ」は、ポルシェと共同開発したSUV「トゥアレグ」のイメージを踏襲した、VWの“真打”ともいえる砂漠用競技車両。エンジンは、231psを発する5気筒「TDI」ユニットを搭載する。
ユッタ・クラインシュミットとブルーノ・サビーという、優勝経験者を2人揃えた強力な布陣で臨む。

レーストゥアレグのデビューイヤーは、データ収集と今後の開発方針を決めるための“学習の年”。「2005年には、ダカールラリーの歴史上で初めてウォルフスブルグのチーム(VWチーム)が、TDIディーゼルのパワーで総合的な栄誉を目指して戦います」(プレスリリース)という青写真が描かれる。

トゥアレグのネーミングといい、ディーゼルユニットの搭載といい、マーケティング色のきわめて濃いプロジェクトだ。

(webCG 有吉)

「Touareg-Dakar」:
http://www.touareg-dakar.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る