トヨタ「クラウンエステート」を一部改良

2003.12.03 自動車ニュース
 

トヨタ「クラウンエステート」を一部改良

トヨタ自動車は、高級FRステーションワゴン「クラウンエステート」の装備と内外装の一部を改良し、2003年12月2日に発売した。

 

エクステリアでは、「フロントヘッドランプエクステンション」「フロントグリル」をチタン調塗装しスポーティ感を演出。装備面では、「トップシェード付きフロントウインドシールドガラス」と「クルーズコントロール」を全グレードに標準設定した。
さらにDVDボイスナビゲーションシステムを、トヨタの情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応した最新モデルにアップグレードした。

価格は「アスリート」の355.0万円から「アスリートG」の420.0万円まで。従来モデルより最高で28.0万円の値上げとなる。

同時に福祉車両のウェルキャブについても、ベース車同様の改良が行われた。

(webCG 本諏訪)

 

トヨタ自動車「クラウンエステート」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownEstate/

関連キーワード:
クラウン エステートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • 【LAショー2017】マツダ、アテンザをマイナーチェンジ 2017.11.17 自動車ニュース マツダは2017年11月16日、商品改良した「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを、ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)で公開すると発表した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スー... 2017.11.20 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記