三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

2003.12.02 自動車ニュース

三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

三菱自動車は、商用バン「ランサーカーゴ」に、「マルチモードキーレスエントリー」を標準装備するなどの一部改良を行い、2003年12月1日に発売した。また、自動車教習の専用車「三菱教習車」の安全装備を充実させ、名称を「ランサー教習車」に改めた。

「ランサーカーゴ」では、ドアロックをリモコンで操作する「マルチモードキーレスエントリー」を新たに標準装備。自動車盗難や“車上あらし”を防ぐ、セキュリティーアラームも付与される。ベーシックな「E」グレードでは、「センタードアロック」が採用された。
改良にともない、「G」グレードの5MTモデルを廃止し、5グレードに集約。価格は、2003年1月の発売当初と比べ、Eは0.4万円、Gは1.5万円高に設定された。ラインナップと価格は以下の通り。

●Eグレード
(2WD+5MT)118.4万円
(2WD+CVT)125.9万円
(4WD+4AT)145.9万円
●Gグレード
(2WD+CVT)135.8万円
(4WD+4AT)155.8万円

一方、「三菱教習車」は「ランサー教習車」に改名され、安全装備の充実を図った。従来は運転席のみだったエアバッグの標準装備を、「デュアルSRSエアバッグ」として助手席にまで拡大。加えてABSも標準で与えた。従来はオプション設定だったパワーウィンドウも標準化された。「超-低排出ガス車」認定をクリアしたことも新しい。価格は5MTが150.9万円、4ATが158.4万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る