三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

2003.12.02 自動車ニュース

三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

三菱自動車は、商用バン「ランサーカーゴ」に、「マルチモードキーレスエントリー」を標準装備するなどの一部改良を行い、2003年12月1日に発売した。また、自動車教習の専用車「三菱教習車」の安全装備を充実させ、名称を「ランサー教習車」に改めた。

「ランサーカーゴ」では、ドアロックをリモコンで操作する「マルチモードキーレスエントリー」を新たに標準装備。自動車盗難や“車上あらし”を防ぐ、セキュリティーアラームも付与される。ベーシックな「E」グレードでは、「センタードアロック」が採用された。
改良にともない、「G」グレードの5MTモデルを廃止し、5グレードに集約。価格は、2003年1月の発売当初と比べ、Eは0.4万円、Gは1.5万円高に設定された。ラインナップと価格は以下の通り。

●Eグレード
(2WD+5MT)118.4万円
(2WD+CVT)125.9万円
(4WD+4AT)145.9万円
●Gグレード
(2WD+CVT)135.8万円
(4WD+4AT)155.8万円

一方、「三菱教習車」は「ランサー教習車」に改名され、安全装備の充実を図った。従来は運転席のみだったエアバッグの標準装備を、「デュアルSRSエアバッグ」として助手席にまで拡大。加えてABSも標準で与えた。従来はオプション設定だったパワーウィンドウも標準化された。「超-低排出ガス車」認定をクリアしたことも新しい。価格は5MTが150.9万円、4ATが158.4万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
ホームへ戻る