三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

2003.12.02 自動車ニュース

三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

三菱自動車は、商用バン「ランサーカーゴ」に、「マルチモードキーレスエントリー」を標準装備するなどの一部改良を行い、2003年12月1日に発売した。また、自動車教習の専用車「三菱教習車」の安全装備を充実させ、名称を「ランサー教習車」に改めた。

「ランサーカーゴ」では、ドアロックをリモコンで操作する「マルチモードキーレスエントリー」を新たに標準装備。自動車盗難や“車上あらし”を防ぐ、セキュリティーアラームも付与される。ベーシックな「E」グレードでは、「センタードアロック」が採用された。
改良にともない、「G」グレードの5MTモデルを廃止し、5グレードに集約。価格は、2003年1月の発売当初と比べ、Eは0.4万円、Gは1.5万円高に設定された。ラインナップと価格は以下の通り。

●Eグレード
(2WD+5MT)118.4万円
(2WD+CVT)125.9万円
(4WD+4AT)145.9万円
●Gグレード
(2WD+CVT)135.8万円
(4WD+4AT)155.8万円

一方、「三菱教習車」は「ランサー教習車」に改名され、安全装備の充実を図った。従来は運転席のみだったエアバッグの標準装備を、「デュアルSRSエアバッグ」として助手席にまで拡大。加えてABSも標準で与えた。従来はオプション設定だったパワーウィンドウも標準化された。「超-低排出ガス車」認定をクリアしたことも新しい。価格は5MTが150.9万円、4ATが158.4万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • 三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】 2000.8.15 試乗記 豊富な内容を誇るweb CG 新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。web CG が選ぶ、三菱ランサーセディアのライバルは?


  • 日産、「プリメーラ」をマイナーチェンジ 1998.9.2 自動車ニュース 日産自動車は「プリメーラ/プリメーラカミノ」のセダンとワゴンをマイナーチェンジし、9月1日より発売した。直噴ガソリンエンジンとHYPER CVT搭載が売りものだ。今回「プリメーラ/プリメーラカミノ」のために新開発されたのは1.8リッター直4DOHC「QG18DD」直噴ガソリンエンジンで、最高出力は130psだ。これに無段変速機「HYPER CVT」を組み合わせて、50パーセントの燃費向上と低中回転域でのトルクアップを実現したとしている。「QG18DD」直噴ガソリンエンジン搭載モデルはセダン「1.8Ci Lセレクション」と、ワゴン「1.8G」の2モデルとなっている。内外装の面ではリアコンビネーションランプの意匠が変更されたことをはじめ、セダンではリアフィニッシャーが新たに採用された。さらにアルミホイールのデザインが変更され、FWDではシート形状が新しくなり、小径3スポークステアリングホイールが新たに採用されたことなども特徴としてあげられる。安全面では衝撃吸収構造の「ゾーンボディ」が採用されたことに加え、ピンチガードが付いた耐水タイプのパワーウィンドウが全車に標準装備された。
  • 三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売 2003.1.6 自動車ニュース 三菱自動車は、新型の商用車「ランサーカーゴ」を、2003年1月6日に発売した。
  • 三菱「ランサー」シリーズにスポーティな新グレード追加 2004.1.22 自動車ニュース 三菱自動車は、セダン「ランサー」とワゴン「ランサーワゴン」に、運動性能や内外装でスポーティテイストを高めた新グレード「ラリーアート」を、各シリーズの最上モデルとして追加設定、2004年1月23日に発売する。
ホームへ戻る