三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

2003.12.02 自動車ニュース

三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

三菱自動車は、商用バン「ランサーカーゴ」に、「マルチモードキーレスエントリー」を標準装備するなどの一部改良を行い、2003年12月1日に発売した。また、自動車教習の専用車「三菱教習車」の安全装備を充実させ、名称を「ランサー教習車」に改めた。

「ランサーカーゴ」では、ドアロックをリモコンで操作する「マルチモードキーレスエントリー」を新たに標準装備。自動車盗難や“車上あらし”を防ぐ、セキュリティーアラームも付与される。ベーシックな「E」グレードでは、「センタードアロック」が採用された。
改良にともない、「G」グレードの5MTモデルを廃止し、5グレードに集約。価格は、2003年1月の発売当初と比べ、Eは0.4万円、Gは1.5万円高に設定された。ラインナップと価格は以下の通り。

●Eグレード
(2WD+5MT)118.4万円
(2WD+CVT)125.9万円
(4WD+4AT)145.9万円
●Gグレード
(2WD+CVT)135.8万円
(4WD+4AT)155.8万円

一方、「三菱教習車」は「ランサー教習車」に改名され、安全装備の充実を図った。従来は運転席のみだったエアバッグの標準装備を、「デュアルSRSエアバッグ」として助手席にまで拡大。加えてABSも標準で与えた。従来はオプション設定だったパワーウィンドウも標準化された。「超-低排出ガス車」認定をクリアしたことも新しい。価格は5MTが150.9万円、4ATが158.4万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • スズキ・エリオセダンXV【試乗記】 2002.2.2 試乗記 スズキ・エリオセダンXV
    ……153.3万円

    2001年11月14日、「スズキ・エリオ」にトランクを付与した3ボックスモデル、「エリオセダン」の販売が開始された。個性的なリアビューはどうなってしまうのか……?


  • トヨタ・カローラ1.5G(4AT)【ブリーフテスト】 2000.9.11 試乗記 ……174.9万円
    総合評価……★★★★




  • ホンダ・モビリオ スパイクW Lパッケージ FF(CVT)【試乗記】 2002.10.19 試乗記 ホンダ・モビリオ スパイクW Lパッケージ FF(CVT)
    ……189.4万円

    路面電車をモチーフにした3列シートのコンパクトミニバン「モビリオ」に、2列シート版5人乗りモデルが登場した。その名も尖った「モビリオ スパイク」。モビリオに感銘を受けていたwebCG記者が試乗会に赴いた。


  • スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)【試乗記】 2003.12.5 試乗記 スズキ・エリオ1.5(FF/4AT)/エリオセダン1.8(FF/4AT)
    ……146.6万円/143.9万円

    スズキの世界戦略車「エリオ」。2003年11月7日に内外装を中心にマイナーチェンジを受けた。山梨県で開かれたプレス向け試乗会で、自動車ジャーナリストの笹目二朗が、ハッチバックの「エリオ」とセダン「エリオセダン」に乗った。


ホームへ戻る