三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

2003.12.02 自動車ニュース

三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良

三菱自動車は、商用バン「ランサーカーゴ」に、「マルチモードキーレスエントリー」を標準装備するなどの一部改良を行い、2003年12月1日に発売した。また、自動車教習の専用車「三菱教習車」の安全装備を充実させ、名称を「ランサー教習車」に改めた。

「ランサーカーゴ」では、ドアロックをリモコンで操作する「マルチモードキーレスエントリー」を新たに標準装備。自動車盗難や“車上あらし”を防ぐ、セキュリティーアラームも付与される。ベーシックな「E」グレードでは、「センタードアロック」が採用された。
改良にともない、「G」グレードの5MTモデルを廃止し、5グレードに集約。価格は、2003年1月の発売当初と比べ、Eは0.4万円、Gは1.5万円高に設定された。ラインナップと価格は以下の通り。

●Eグレード
(2WD+5MT)118.4万円
(2WD+CVT)125.9万円
(4WD+4AT)145.9万円
●Gグレード
(2WD+CVT)135.8万円
(4WD+4AT)155.8万円

一方、「三菱教習車」は「ランサー教習車」に改名され、安全装備の充実を図った。従来は運転席のみだったエアバッグの標準装備を、「デュアルSRSエアバッグ」として助手席にまで拡大。加えてABSも標準で与えた。従来はオプション設定だったパワーウィンドウも標準化された。「超-低排出ガス車」認定をクリアしたことも新しい。価格は5MTが150.9万円、4ATが158.4万円。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、「ランサーカーゴ」などを一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • 「BMW 2シリーズ グランツアラー」に装備充実の限定車 2017.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月18日、「BMW 2シリーズ グランツアラー」に、特別仕様車「218dクロスカントリー」を設定し、同年1月28日より200台限定で販売すると発表した。価格は492万円。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る