フィアット「プント」のニューモデルを販売

2003.12.01 自動車ニュース
 

フィアット「プント」のニューモデルを販売

フィアットオートジャパンは、2003年5月に本国でマイナーチェンジされた新型「プント」を、同年12月6日に日本で発売する。


安全装備は、全モデルに前席デュアル、サイド、ヘッドエアバッグが備わる。【写真上】「エモーション・スピードギヤ」
【写真下】「HGT」
 

現行プントは、1999年のフィアット社創立100周年にフルモデルチェンジされたモデル。4年目にして初のマイナーチェンジを受けた新型は、特徴的なフロントグリルなしの顔を捨て、グリル付きの新しい(普通な)フロントマスクで登場した。
日本でのラインナップは、1.2リッター+6段シーケンシャルモード付きCVTを積む5ドアモデル「エモーション・スピードギヤ」と、1.8リッター+5MTのスポーティな3ドア「HGT」の2種類。ハイパフォーマンス版たる、サソリマークの「アバルト」が、HGTにスイッチしたカタチだ。

ニューモデルの特徴は、フロントグリルと大型ヘッドランプによる、新しいフロントマスク。“エレガント”なエモーション・スポーツギヤ、“スポーティ”なHGTといった性格付けをすべく、別々の顔を与え差別化を図った。インテリアも同様、エモーション・スポーツギヤはベロアのツートーンシートでシックに、HGTはスポーツシートや、アルミ光沢仕上げのコンソールパネルなどが装着される。

パワートレインは、従来と同じ。1.2リッター直4DOHC16バルブは、80psと11.6kgmを発生し、6段シーケンシャルモード付きCVTを介して前輪を駆動する。CVTでは「D」レンジのほかに、燃費などを抑える「E」(エコノミー)モードも選べる。
HGTの1.8リッター直4DOHC16バルブは、130psの最高出力は同じながら、最大トルクは0.6kgm減少して16.1kgmとなった。スポーティモデルの性格からか、ESPやトラクションコントロールの「ASR」、シフトダウン時のタイヤロックを防ぐ「MSR」(エンジンブレーキ・トルクコントロール)など、電子デバイスを搭載。緊急制動時にブレーキ踏力を補助する「HBA」(ハイドローリック・ブレーキアシスト)や、坂道発進を補助する「ヒルホールドシステム」も備わる。

価格は、従来の同グレードとほぼ変わらず、「エモーション・スピードギヤ」が176.0万円、「HGT」は199.0万円。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連記事
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る