ホンダ「ストリーム・アブソルート」に直噴モデル追加

2003.12.01 自動車ニュース
 

ホンダ「ストリーム・アブソルート」に直噴モデル追加

本田技研工業は、7人乗りコンパクトミニバン「ストリーム」に、新開発の2リッター直噴ガソリンエンジンや7段マニュアルモード付きCVTなどを搭載した「アブソルート」モデルを追加設定、2003年12月4日に発売する。



 

■低燃費、高出力、低排出ガス

新モデルには、ライバルのトヨタ「ウィッシュ」への対抗意識からか、ホンダが誇る新技術が惜しげもなく投入された。最大のポイントは、新開発の2リッター直噴ガソリンエンジン「i-VTEC I」だ。
「VTEC(可変バブルタイミング・リフト機構)」と「VTC(連続可変バブルタイミング・コントロール機構)」の「i-VTEC」に、新開発の「センターインジェクションシステム」を組み合わせた直噴ユニットは、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.2kgm/4600rpmを発生する。



 

環境性能の高さもジマンのひとつ。空気と燃料との重量比率を指す空燃費で、既存直噴エンジンの「40:1」から「65:1」という希薄燃焼を実現した。さらに、高精度EGRバルブによる燃焼制御と新開発の高性能触媒により、排出ガスのクリーン化をすすめた結果、15km/リッターのカタログ燃費と、「超-低排出ガス」認定を取得する環境性能を実現した。

トランスミッションは、7段マニュアルモード付きCVT。トルクコンバーターによる力強い発進と、CVTの滑らかな加速特性を両立したという。Dポジションでの走行時には路面状況を判断して適切な変速比を選択、ワインディングロードなどの走行時には横Gを検知してエンジン回転を最適に維持するなど、安定かつスポーティな走りも追求した。

もちろん「アブソルート」だから、専用高剛性ボディや専用チューンドサスペンションなども採用される。価格は、従来の1.7リッターモデルより32.0万円高の222.0万円。

なお、福祉車両の「ストリーム・アルマス」(助手席リフトアップシート車)にも同様に、「2.0L DOHC i-VTEC lエンジン」搭載モデルを追加し、2004年1月26日に発売する。価格は261.8万円。

(webCG カワデ)

本田技研工業「ストリーム」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/stream/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る