フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

2003.12.01 自動車ニュース

フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

フィアットオートジャパンは、2列6人乗りのマルチパーパスビークル「ムルティプラ」に、オプションパッケージを装着した「ELX-Plus」を追加設定、2003年12月6日に発売する。

2003年4月より日本導入が始まった「ムルティプラ」は、1.6リッターエンジン+5段MT(右ハンドル)の「ELX」モノグレードだった。今回追加されたのは、「ELX」をベースに「オプションパッケージPlus」を装着したグレード。30.0万円相当の装備が、18.0万円で購入できる“お買い得モデル”だ。

「オプションパッケージ Plus」の内容は以下の通り。
・電動デュアルサンルーフ
・10連奏CDチェンジャー
・オリジナルアロイホイール+195/60R15タイヤ
・オーディオコントローラー付きレザーステアリングホイール&シフトノブ

オプションパッケージ装着車の価格は、267.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

 
フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)【試乗記】 2005.3.2 試乗記 フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)
    ……262万3950円

    「奇怪な顔」とか「ブサイク」とか言われ続けてきたフィアットの「ムルティプラ」が、マイナーチェンジを受けて「普通の顔」になった。しかし、いちばんの美質はまったく損なわれていない、と自動車ジャーナリストの島下泰久は言う。


  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る