フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

2003.12.01 自動車ニュース

フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

フィアットオートジャパンは、2列6人乗りのマルチパーパスビークル「ムルティプラ」に、オプションパッケージを装着した「ELX-Plus」を追加設定、2003年12月6日に発売する。

2003年4月より日本導入が始まった「ムルティプラ」は、1.6リッターエンジン+5段MT(右ハンドル)の「ELX」モノグレードだった。今回追加されたのは、「ELX」をベースに「オプションパッケージPlus」を装着したグレード。30.0万円相当の装備が、18.0万円で購入できる“お買い得モデル”だ。

「オプションパッケージ Plus」の内容は以下の通り。
・電動デュアルサンルーフ
・10連奏CDチェンジャー
・オリジナルアロイホイール+195/60R15タイヤ
・オーディオコントローラー付きレザーステアリングホイール&シフトノブ

オプションパッケージ装着車の価格は、267.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

 
フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・ムルティプラELX(5MT)【ブリーフテスト】 2003.12.11 試乗記 ……249.0万円
    総合評価……★★★★★

    一般的には“奇怪なスタイリング”と思われる、フィアット「ムルティプラ」。しかし、その造形には、合理の精神が隠されている。テストドライブした笹目二朗、性能も含めて大感激!!


  • フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)【試乗記】 2005.3.2 試乗記 フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)
    ……262万3950円

    「奇怪な顔」とか「ブサイク」とか言われ続けてきたフィアットの「ムルティプラ」が、マイナーチェンジを受けて「普通の顔」になった。しかし、いちばんの美質はまったく損なわれていない、と自動車ジャーナリストの島下泰久は言う。


  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(前編) 2017.6.1 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「トヨタ・プリウスPHV」に試乗する。実は「プリウス」オーナーの谷口。外部充電可能な“特別なプリウス”をどう見ているのだろうか。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
ホームへ戻る