第79回:100切らないゴルフはイッたことないセックスと一緒!?プロゴルファー&レーサーと過ごした一日

2003.11.30 エッセイ

第79回:100切らないゴルフはイッたことないセックスと一緒!?プロゴルファー&レーサーと過ごした一日

左から2番目が藤田寛之プロ。隣は、GT選手権などに参戦するドライバー小林且雄さん。右はカメラマンの野沢廣幸さん。
左から2番目が藤田寛之プロ。隣は、GT選手権などに参戦するドライバー小林且雄さん。右はカメラマンの野沢廣幸さん。
2003年11月第3週の国内男子賞金ランキングは、なんと9位の藤田プロ。ちなみに、室田淳プロは10位! すごい方々である。
2003年11月第3週の国内男子賞金ランキングは、なんと9位の藤田プロ。ちなみに、室田淳プロは10位! すごい方々である。

■重要なのはプロの技

先日、ゴルフファン以外にはほとんど興味ないはずのプロゴルファーと、レーシングドライバーによる“THE業界対決”に行ってまいりました。2002年に引き続いて2回目の開催で、主催するのはモータースポーツ・ジャーナリストの山口正巳さん。ゴルフ業界をひっぱってるのが芹澤信雄さん、レーサー側が星野一義さんと、やけに豪華なメンバー。

ハッキリいって、ほとんどお金の絡んでない、マジでピュアな“業界対決”だと思うんだけど、この大物たちの“趣味”というか“遊び心”でこの会は成り立ってる。なにせ、芹澤さんをはじめ、室田淳プロ、加瀬秀樹プロに横田真一プロ、俺と一緒にまわってまわっていただいた藤田寛之プロ……って、どの人もバリバリのトーナメントプロだもん。
かたや、クルマ業界は星野さん、中嶋悟さん、影山兄弟にマッチだもんねぇ。このままTV中継してもおかしくないと思うくらいだよ。そうなったらかえってギャラとか大変だろうけど。

今回はゴルフだけじゃなく、その後ツインリンクもてぎでカート大会もやったんだけど、そんなのはどーでもよろしい。問題なのはやっぱりプロの技よ。

レーサー小林且雄さんのティーショット。GT選手権やスーパー耐久選手権、ドライビングレッスンのインストラクターとして活躍する、ベテランドライバーです。
レーサー小林且雄さんのティーショット。GT選手権やスーパー耐久選手権、ドライビングレッスンのインストラクターとして活躍する、ベテランドライバーです。

第79回:100切らないゴルフはイッたことないセックスと一緒!?プロゴルファー&レーサーと過ごした一日の画像
賞金ランキング9位のオトコ、カートにおっかなビックリ。実は怖がりでした……。
賞金ランキング9位のオトコ、カートにおっかなビックリ。実は怖がりでした……。

■なんか別物

実は俺、最近ようやくゴルフなるものに真剣になってて、つくづく感じたんだけど、ゴルフってのは「スコア100を切らなきゃまったく面白くないスポーツ」だね。異論反論あるとは思うけど。
っていうか100切らないと、それはほとんど「イッったことがないセックス」と同じじゃないか? たしかに参加することに意義がある、的な楽しみはある。スコア100でも110でも120でも。だけどやっぱり、スコアがある程度縮まってナンボのスポーツなのよ。ゴルフは。
で、100を切るためにはある程度は努力しなきゃいけない。英語をしゃべるためには、ある程度は英単語憶えなきゃいけないってのと一緒。

ってなわけで結構ゴルフにマジメに取り組んでるんだけど、問題の藤田プロ。細かいことはわかんないんだけど、なんか別物なのよ、スイングが。頭が動かずその下だけが動いてる感じ、といっても別に「手だけで打ってる」風じゃなくって。それと、実にたんたんと打ってます。特別なこと、ではなくて普通にやってることが凄い! みたいな。

とりあえずはそれを盗もうと思いました。もちろん、それが一番難しいんだけど。
でもさ。「百聞は一見にしかず」とはよくいったもんで、イイもの、一流のものを見ると、なんかしら「思うところ」はあるよね。「学んでる」かどうかはわからないけど……。

久々に“ホンモノ”を実感した一日、でありました。

(文=小沢コージ/2003年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』