マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加

2003.11.28 自動車ニュース

マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加

マツダは、コンパクトカー「デミオ」に、後輪をモーターでオンデマンド駆動する「e-4WD」仕様を追加設定。さらに、全モデルの内外装に一部改良を施し、2003年11月27日から販売を開始した。

1.3、1.5リッターの両方に設定されたe-4WDは、滑りやすい路面の発進時などに、専用ジェネレーターで発電した電気を用いて後輪をモーターが駆動するシステム。e-4WDは、通常はFF(前輪駆動)で走行するため燃費がよく、ドライブトレインが不要なぶん、FF車と同等の室内スペースを確保できるなどのメリットがあるという。他社では、日産が「マーチ」などに採用している。4WDが不要な場合は、スイッチで後輪駆動ユニットの電磁クラッチを切り離し、FFに切り替えることも可能だ。

4AT仕様のみで、価格は同グレードFF車の18.5万円高。1.3リッターの「カジュアル e-4WD」が133.0万円、「コージー e-4WD」は138.0万円、1.5リッター「カジュアル e-4WD」は150.5万円となる。

同時に行われた一部改良では、リアコンビネーションランプを「RX-8」のような丸形に変更。スポーティイメージを高めたという。ほかに、コージーの内装色に「マロンベージュ」「ミントブルー」「レモンイエロー」の3色追加や、全グレードに新しいボディ色を採用するなどした。

(webCGオオサワ)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る