マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加

2003.11.28 自動車ニュース

マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加

マツダは、コンパクトカー「デミオ」に、後輪をモーターでオンデマンド駆動する「e-4WD」仕様を追加設定。さらに、全モデルの内外装に一部改良を施し、2003年11月27日から販売を開始した。

1.3、1.5リッターの両方に設定されたe-4WDは、滑りやすい路面の発進時などに、専用ジェネレーターで発電した電気を用いて後輪をモーターが駆動するシステム。e-4WDは、通常はFF(前輪駆動)で走行するため燃費がよく、ドライブトレインが不要なぶん、FF車と同等の室内スペースを確保できるなどのメリットがあるという。他社では、日産が「マーチ」などに採用している。4WDが不要な場合は、スイッチで後輪駆動ユニットの電磁クラッチを切り離し、FFに切り替えることも可能だ。

4AT仕様のみで、価格は同グレードFF車の18.5万円高。1.3リッターの「カジュアル e-4WD」が133.0万円、「コージー e-4WD」は138.0万円、1.5リッター「カジュアル e-4WD」は150.5万円となる。

同時に行われた一部改良では、リアコンビネーションランプを「RX-8」のような丸形に変更。スポーティイメージを高めたという。ほかに、コージーの内装色に「マロンベージュ」「ミントブルー」「レモンイエロー」の3色追加や、全グレードに新しいボディ色を採用するなどした。

(webCGオオサワ)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
マツダ「デミオ」に電動4WD車を追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
ホームへ戻る