アストンマーチン「DB9ヴォランテ」をデトロイトで発表

2003.11.28 自動車ニュース
 

アストンマーチン「DB9 ヴォランテ」をデトロイトで発表

英アストンマーチンは、2004年1月4日から開催されるデトロイトモーターショーで、次期主力モデル「DB9」のオープン「ヴォランテ」を発表する。



 

「DB9ヴォランテ」は、同社が「DB9クーペ」(http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013884.html)で量産モデルに初採用した、「VHプラットフォーム」を使うコンバーチブル。電動式ソフトトップは約17秒で開閉し、オープン時はトノカバーで覆われる。リリースは2004年秋の予定だ。
エンジンは、6リッターV12をフロントに搭載。0-100km/hを5秒未満、最高速度は300km/hを超えるパフォーマンスを誇る。

(webCGオオサワ)

アストンマーチン:
http://www.astonmartin.com/

関連キーワード:
DB9ヴォランテアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.3.15 試乗記 「アストンマーティンDB11」のラインナップに「ヴォランテ」が加わった。510psの4リッターV8ツインターボがもたらす速さは、もちろんこのクルマの魅力には違いない。しかし、ヴォランテならではの魅力は、優雅に走ってこそ際立ってくるだろう。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2008.2.4 試乗記 アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)
    ……2191万2100円

    イギリスのゲイドンで手造りされる、12気筒の高級スポーツカー「アストン・マーティンDB9」。オープンバージョンの「ヴォランテ」を駆り、その魅力を探った。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
ホームへ戻る