【スペック】全長×全幅×全高=4690×1760×1660mm/ホイールベース=2825mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5700rpm、22.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=264.0万円(テスト車=306.2万円)

トヨタ・イプサム240u Gセレクション7人乗り FF(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・イプサム240u Gセレクション7人乗り FF(4AT) 2003.11.20 試乗記 ……306.2万円総合評価……★★★新登場の「ホンダ・オデッセイ」を多少なりとも迎撃しようと、コスメチックなマイナーチェンジを受けたトヨタの4枚ヒンジドア・ミニバン「イプサム」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。


人生の通過モデル

ちょっと前までは「乗用車のような」というフレーズがミニバンのホメ言葉として使われていたが、いまやすっかりミニバンが乗用車にとってかわった日本市場。むしろ「ミニバンのみたいな(ユーティリティの高さ)」が、3ボックスやワゴンのホメ言葉となっている。
……コスメティックな変更をうけたトヨタの中堅ミニバン「イプサム」のステアリングホイールを握りながら、そんなことを考えていた。さらに「カーブでグラリをしたのは過去のこと」と、しっかりした“走り”に感心していたら、ダンパーが「硬(スポーツ)-中-軟(コンフォート)」のスポーツに設定されていた。ダンパー切り替えスイッチなんて、かつては、それこそ上級セダンにしか装備されなかったのに!
ほどほどの乗り心地。不満ない動力性能。充実した装備。7人乗れる。イプサムは、人生におけるひとつの通過モデルだ。ウソかマコトか“ハッピーファミリー”のための。「プレミオ/アリオン」はもちろん、「カムリ」よりグッとお高いプライスで、トヨタもハッピー。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年5月14日に発表された2代目イプサム。「ミニバン、トゥモロー」をテーマに開発された。ホンダ・オデッセイにならった4枚ヒンジドアのボディは継承しつつ、車体寸法、エンジンともに、「5ナンバーサイズ、2リッター直4」の先代よりひとまわり大きくなった。ドライブトレインは、2.4リッター直4ツインカム+4ATの1種類。FFモデルのほか、「アクティブトルクコントロール4WD」システムを備え、「FF」と「4WDオートモード」が選べる4WD車も用意される。
2003年10月2日にマイナーチェンジを受け、スッキリした顔つきになり、内外装に新色が設定された。情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応したDVDナビが設定されたことも新しい
(グレード概要)
マイチェンにともなってグレードが底上げされた。素の「e」は廃止され、ベーシックな「i」、よりスポーティにふった「s」、そして装備充実の「u」が設定される。それぞれにFFと4WDモデルあり。
テスト車の「u Gセレクション」は、「前席ダブル&カーテンエアバッグ」「クルーズコントロール」「木目調+本革のステアリングホイール」など、最も豪華な装備が奢られたグレードである。



トヨタ・イプサム240u Gセレクション7人乗り FF(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・イプサム240u Gセレクション7人乗り FF(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れる様が見られます。

写真をクリックするとシートが倒れる様が見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
円周部にトランスルーセントな縁取りが施されたメーター類。センターコンソールのディスプレイ下部にも、透明プラスチックのカバーが用いられる。「木目調パネル」「革巻きステアリングホイール&シフトレバー」「2トーンの樹脂類」そして「ファブリック」と、いかなる様式も拒否する場当たり的デザインが、しかし日本の日常にマッチする。
一方、6.5型ワイドディスプレイのパネルタッチパネルをもつわかりやすいDVDナビ、使い方が明確なエアコン、オーディオ類、左手に近い位置に生えるシフトノブといった機能性の高さや、「クルーズコントロール」、ノーズにCCDカメラをつけた「ブラインドコーナーモニター」、バック時にリアの状況をディスプレイする「バックガイドモニター」、「12V電源」「VTR入力端子」はたまた「コンビニのビニール袋用(?)買い物フック」など、しごく充実した装備が、ニッポンの工業製品であることをアピールする。
(前席)……★★★
ドライバーズシートのみ、電動で前後上下リクライニングを調整できる。ほどほどの大きさのイス、あたりはソフトだが、平板な座り心地。すべてのイプサムの前席には「角度調整式アームレスト(運転席・助手席)」が備わり、やはり全グレード標準装備の「木目調格納式センターテーブル(カップホルダー付き)」とあわせ、運転しながらでも“応接間感”を満喫することが可能だ。
(2列目シート)……★★★★
7人乗りではベンチシート風になるセカンドシート。6:4の分割式で、それぞれスムーズに前後にスライドできる。膝前、頭上ともじゅうぶんなスペースあり。バックレストに埋め込まれるアームレストを引き出せば、2人分のカップホルダーが出現する。さらに前席の「木目調格納式センターテーブル」にも2本のカップを差せるから、清涼飲料水好きのキッズも大満足。テスト車には、オプションの「9型ワイドディスプレイ」が天井から下がるから、気の進まない家族旅行でも、退屈しないですむ。
(3列目シート)……★★
着座位置は低く、座面も短いが、セカンドシートの乗員の好意を得ることができれば、つまりじゃっかん2列目シートを前に出してもらえれば、大人でもなんとか実用に使える。平板なバックレストは恐れ入るが、それでもしっかりしたヘッドレストと、3点式シートベルトが備わるのが心強い。左右ホイールハウスの上には、肘掛けとモノ入れ、カップホルダーが用意され、スペースを無駄にしない。
なお、サードシートはもちろん可倒式。背もたれの裏表、どちらから出ているストラップのいずれかを引くことで、簡単にバックレストを前に倒して、荷室をフラットに広げることが可能だ。
(荷室)……★★★
かつての“高級”装備、テールゲートの「電磁オープナー」も、大量生産の威力の前に大衆化。イプサムオーナーは、スマートに開けられる。
荷室の床面最大幅127cm、奥行きは48cm。サードシートを畳めば、2m程度の長尺モノを積むこともできる。ちなみに、天井までの高さは85cm。
人員満載時のラゲッジスペースをすこしでも増やそうと、床下には35cmという深い収納部が確保される。スペアタイヤは? なんと助手席の下に吊されている。感心。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
走り出しに「オッ!」と思わせるトルキーさ。しかしスロットルペダルを踏んでいっても、思いのほか湧き上がらぬ力強さ。……といったことに気づく前に、「運転」に対する意識が薄れる2.4リッター“実用”ユニット。4段ながら、卓越したシフトプログラム(ほか)で、まったく不満を感じさせないトランスミッションと、すばらしい黒子タッグを組む。縁の下の力持ち。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
セミアクティブサスたる「H∞-TEMS」を搭載。ミニバンを感じさせないスムーズな乗り心地がジマン。ハンドリングを含め、セダンやワゴンから乗り換えても、違和感はなかろう。
3段階に単純化された可変ダンパーシステムは、意外なほど(?)利く。「硬(SPORT)」を選べば、それこそ「スポーツ走行」も可能だ。これには、永年使ってダンパーが全体にヘタっても、「硬」にすると、足まわりがちょっと“生き返る”という特典もある。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年10月28日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:650km
タイヤ:(前)205/65R16 92H/(後)同じ(いずれもDUNLOP SP Sport300)
オプション装備:音声案内クリアランスソナー/イプサム・シアターシステム(G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション/6.5型ワイドディスプレイ+DVD・MD一体AM/FM付ラジオ+TV+ビデオ+スピーカー&後席9型液晶ワイドディスプレイ/ブラインドコーナーモニター&レーンモニタリングシステム&音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター)(42.2万円)br>テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(8):高速道路(2)
テスト距離:−−
使用燃料:−−
参考燃費:−−


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る