日産、2004年「パリダカ」体制発表、マクレーらが砂漠に挑戦!

2003.11.20 自動車ニュース

日産、2004年「パリダカ」体制発表、マクレーらが砂漠に挑戦!

「パリダカ」の名で知られる「テレフォニカ・ダカールラリー2004」に参戦する日産自動車のワークスチーム「ニッサン・ラリーレイド・チーム」は、2003年11月18日、ドライバーラインナップを発表した。アリ・バタネン、コリン・マクレーといった世界ラリー選手権(WRC)チャンピオンらを擁する強力な布陣で、今回で26回目となるアフリカン・ラリーレイドに臨む。

4人のドライバー陣の筆頭は、パリダカを4度制し(1987、89、90、91年)、1981年にはWRCタイトルを獲得、1997年はワールドカップ・クロスカントリーラリーチャンピオンとなった大ベテラン、アリ・バタネン。日産がワークス体制で参戦を始めた2003年大会に続き、日産ピックアップを駆ることとなる。

1995年のWRCチャンプ、コリン・マクレーの参加はニュースだ。今シーズンはシトロエンのWRカーをドライブしたイギリス人マクレーは、2004年、WRC活動休止を決めている。今回、日産ワークスチームの一員として、砂漠のラリーレイドに初挑戦する。

2003年、ダカール初出場で5位に入ったジニール・ドゥヴィリエも引き続き日産で参戦。2003年のファラオラリーを制したイヴ・ルーベもステアリングを握る。
さらに、日産の若手ドライバー育成プログラムに参加している池町佳男、三橋淳の両名も市販車無改造部門に出場する予定という。

「テレフォニカ・ダカールラリー2004」は、2004年1月1日にフランス・オーベルニュをスタート。11万kmを走破し、1月18日、ダカールにゴールする。

(webCG 有吉)

日産自動車「モータースポーツ・ダカールラリー」:
http://www.nissan-dakar.com/JP/

 
日産、2004年「パリダカ」体制発表、マクレーらが砂漠に挑戦!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。