フォード「エスケープ」に2.3リッターエンジン搭載

2003.11.20 自動車ニュース
 

フォード「エスケープ」に2.3リッターエンジン搭載

フォードジャパンリミテッドは、小型SUV「エスケープ」に2.3リッター車を設定。2003年11月19日から販売を開始した。同時に、大型SUVの「エクスプローラー」の走行性能向上などが図られた。


【写真上】エスケープ 2300 DOHC XLT AWD
【写真下】エクスプローラー エディー・バウアー
 

従来、2リッターと3リッターのエンジンラインナップだった「エスケープ」。ニューモデルから、2リッターエンジンを廃止し、2.3リッター「デュラテックHE」エンジンに変更された。157psと20.7kgmのパフォーマンスは、2リッターと較べて28psと2.0kgmのアップ。さらに、カタログ燃費が9.2km/リッターから11.0km/リッターに向上したこともニュースだ。組み合わされる4段ATも改良され、スムーズな変速を実現したという。
足まわりは、フロントダンパーのピストン径を、32mmから35mmに拡大。スタビライザーのレイアウト見直しにより、直進安定性やステアリングレスポンスの向上を図るなどした。
その他、全グレードにおいて、新デザインの16インチアルミホイールや、ステアリングホイール、新素材シート表皮などを採用した。

価格は3リッターV6を積む上級「XLT」が254.0万円(従来比+5.0万円)、2.3リッターの「XLT」が229.0万円(同+10.0万円)となる。

同時に、大型SUV「エクスプローラー」の装備変更が行われた。
全グレードの変更は、アクセルとスロットルの制御を電気的に行う、いわゆる“ドライブバイワイヤ”の「ETC(エレクトロニックスロットルコントロール)」の採用。これにより、スロットルレスポンスが高まったという。ほかに、ボディーカラーに「ダークブルーパール」が追加された。
4リッターV6搭載のエントリーグレード「XLT」は、17インチオールテレーンタイヤ&5本スポークアルミホイール、チューブラーサイドステップバーなどが標準装着され、SUVのタフなイメージが強調される。

価格は、4.6リッターV8の「エディバウアー」が465.0万円(従来比+5.0万円)、4リッターの「XLT」が395.0万円(同+11.0万円)。

(webCG 本諏訪)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

関連キーワード:
エスケープフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【レビュー】 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。2リッターエコブーストエンジンが2.3リッターに換装されて力強さを増し、フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな「悩み」を抱えている人にお薦めだ。
  • フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】 2018.3.2 試乗記 これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
ホームへ戻る