日産「シーマ」の4WD車をマイナーチェンジ

2003.11.19 自動車ニュース

日産「シーマ」の4WD車をマイナーチェンジ

日産自動車は、高級セダン「シーマ」の4WD車をマイナーチェンジ。安全・環境性能の向上を図り、2003年11月18日から販売を開始した。

2003年8月26日にマイナーチェンジされた「シーマ」のFR車と同様、4WD車も内外装をリファイン。ラクシャリー感の向上を図った。
さらに、安全装備として、道路状況にあわせヘッドランプの照射範囲を自動的に変化させる「アクティブAFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)」を全車に標準装備。搭載される4.5リッターV8エンジンが、国土交通省の「超-低排出ガス車(U-LEV)」認定を受けたことも新しい。ただし、FR車上級グレードに採用される車間自動制御システムや、衝突時の被害を軽減する「インテリジェントブレーキアシスト」は装備されない。

価格は「450X FOUR」が623.0万円(従来比+3.0万円)、「450VIP FOUR」は692.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「シーマ」:
http://www.nissan.co.jp/CIMA/

 
日産「シーマ」の4WD車をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る