モントーヤ、2005年マクラーレン入り決定

2003.11.18 自動車ニュース

モントーヤ、2005年マクラーレン入り決定

F1チーム、ウィリアムズのエースドライバー、ファン・パブロ・モントーヤが、2005年にマクラーレンへ移籍することが、2003年11月17日に明らかになった。

2004年も引き続きデイヴィッド・クルタードとキミ・ライコネンがステアリングを握るマクラーレン。3年続いたこのコンビは、翌2005年に“解消”され、次の世代のチャンピオン候補として名高いモントーヤが加わることとなった。
正式な発表はないものの、モントーヤのチームメイトは、若きフィンランド人、ライコネンになる可能性が高いといわれている。

モントーヤは、CARTタイトル、インディアナポリス500優勝という栄冠を手に、2001年ウィリアムズからF1デビュー。“帝王”ミハエル・シューマッハーをも恐れぬ果敢なオーバーテイク、ドライビングに加え、今シーズンはよりステディな走りも身につけ、終盤までタイトル争いにからむ活躍をみせた。3年間で記録した勝ち星は3勝である。

以前から噂されていたモントーヤのマクラーレン入り。一説では、モントーヤがウィリアムズの安い契約料に不満を抱いており、移籍を希望したといわれている。

(webCG 有吉)

モントーヤ、2005年マクラーレン入り決定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。