メルセデスベンツに7段AT搭載モデル登場

2003.11.18 自動車ニュース
 

メルセデスベンツに7段AT搭載モデル登場

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Eクラスセダン」「Sクラス」「CLクラス」「SLクラス」の5リッターV8モデルに、市販乗用車としては世界初を謳う7段ATを搭載し、2003年11月17日に発売した。


【写真上】最高級ロードスター「SLクラス」
【写真下】新開発の「7G-TRONIC」
 

■滑らかなシフト、加速性能アップ

新開発された電子制御7段AT「7G-TRONIC」は、従来の5段ATよりも各ギア間のギア比が接近したため、より滑らかで素早いシフトが可能という。
同時に加速性能もアップ。アクセル開度に応じて2段のシフトダウンが行われる。
トランスミッションケースの素材には、軽量なマグネシウムを採用。結果、車両重量は従来比で、10kg程度の増加にとどめられた。
1速からロックアップ制御を行い、優れた燃費性能を実現したというが、カタログ燃費は「E500アバンギャルド」が0.1km/リッター向上したほかは、いずれも0.1〜0.9km/リッター悪化。6.7〜7.0km/リッターとなる。

価格は、5段ATの同モデルと比べ、それぞれ5.0万円高。7段ギア搭載モデルと価格は以下の通り。

「E500アバンギャルド」875.0万円
「S500」1085.0万円
「S500ロング」1165.0万円
「CL500」1235.0万円
「SL500」1285.0万円(左ハンドルのみ)

問い合わせは、メルセデスコール(0120−190−610)まで。

(webCG カワデ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記