スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車

2003.11.14 自動車ニュース

スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車

スズキは、クロスカントリー軽自動車「ジムニー」に、特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」を設定、2003年11月13日に発売した。

2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」のスポンサーを務めるスズキは、国際スキー連盟「FIS」と提携し、ウインタースポーツに便利な機能を追加した特別仕様車を企画してきた。2003年の“FISスペシャル”は、「エスクード」に続く2台目となる。

「ジムニーFISフリースタイルワールドカップ リミテッド」」は、ベーシックグレード「XG」をベースに、金属調塗装を施したフロントグリル/ドアミラーカバー、前後アンダーガーニッシュなどで、スポーティな外観を演出する。
インテリアは、運転席シートヒーター、シルバー塗装ルーフレール、ヒーター機能付きドアミラー、マルチリフレクター式ハロゲンフォグランプ、撥水加工ファブリックシート&ドアトリムなど、冬季の使用に便利な特別装備が豊富だ。ほかに、本革巻きシフトノブ&ステアリングホイールや、MD/CDステレオが装着される。

価格はベース車より22.0万円高く、142.0万円(5MT)と151.8万円(4AT)。

(webCG 本諏訪)

スズキ「ジムニーFISフリースタイルワールドカップリミテッド」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/fis_jimny/

 
スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車の画像

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 新型ジムニーはやっぱり硬派路線 1998.10.8 自動車ニュース スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を1998年10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。
ホームへ戻る