スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車

2003.11.14 自動車ニュース

スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車

スズキは、クロスカントリー軽自動車「ジムニー」に、特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」を設定、2003年11月13日に発売した。

2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」のスポンサーを務めるスズキは、国際スキー連盟「FIS」と提携し、ウインタースポーツに便利な機能を追加した特別仕様車を企画してきた。2003年の“FISスペシャル”は、「エスクード」に続く2台目となる。

「ジムニーFISフリースタイルワールドカップ リミテッド」」は、ベーシックグレード「XG」をベースに、金属調塗装を施したフロントグリル/ドアミラーカバー、前後アンダーガーニッシュなどで、スポーティな外観を演出する。
インテリアは、運転席シートヒーター、シルバー塗装ルーフレール、ヒーター機能付きドアミラー、マルチリフレクター式ハロゲンフォグランプ、撥水加工ファブリックシート&ドアトリムなど、冬季の使用に便利な特別装備が豊富だ。ほかに、本革巻きシフトノブ&ステアリングホイールや、MD/CDステレオが装着される。

価格はベース車より22.0万円高く、142.0万円(5MT)と151.8万円(4AT)。

(webCG 本諏訪)

スズキ「ジムニーFISフリースタイルワールドカップリミテッド」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/fis_jimny/

 
スズキ「ジムニー」に「FISワールドカップ」特別仕様車の画像
関連記事
  • イタリア版「ジムニー」は日本ムード全開!? 2010.12.3 自動車ニュース スズキのイタリア法人スズキ・イタリアは2010年11月27日、「ジムニー」の誕生40周年を記念した特別仕様車を設定し、販売を開始した。2010年12月30日までの期間限定販売となる。
  • 「スズキ・ジムニー」シリーズに特別仕様車 2014.8.19 自動車ニュース 「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」に特別仕様車「ランドベンチャー」が登場した。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る