スズキ、「シボレー・クルーズ」を一部改良

2003.11.14 自動車ニュース

スズキ、「シボレー・クルーズ」を一部改良

スズキは、ゼネラルモーターズと共同開発したコンパクトワゴン「シボレー・クルーズ」に、サスペンション変更や室内幅を広げるなどの一部改良を施し、2003年11月13日から販売を始めた。

■スポーティを目指す

「シボレー・クルーズ」は、スズキが「スイフト」をベースにプラットフォームとエンジンを開発。GMが足まわりやデザインを担当して共同開発された。
今回の一部改良では、全車のフロントサスペンションに「パフォーマンスロッド」を採用し、取り付け剛性を向上。2WD車は、従来より15mm車高を下げ、スポーティ感を高めたという。エンジンは、2WD車が全車「超-低排出ガス認定」をクリア。1.3リッターFFモデルは、カタログ燃費が17.4km/リッターから18.0km/リッターに向上し、グリーン税制の対象となった。
ドアトリムを新設計し、最大室内幅が40mm拡大されたことはニュース。インテリアはほかに、メーターパネルやステアリングホイール、オーディオのデザインを一新した。

価格は、熱線でワイパーの凍結を溶かす「デアイサー」が装着された、「1.3LS」「1.3LT」「1.5LT」の4WDが1.0万円高。その他は据え置かれ、99.0万円から146.0万円までとなる。

(webCG カワデ)

「シボレー・クルーズ」:
http://www.suzuki.co.jp/CRUZE/

 
スズキ、「シボレー・クルーズ」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る