日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

2003.11.14 自動車ニュース
 

日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、第24回2003-2004年「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)の最終選考が、2003年11月13日に行われ、スバル「レガシィ」が受賞車に決定した。

 

トヨタの新型「プリウス」、マツダ「RX-8」などをおさえ、2003-2004年の日本COTYは、4代目に進化したスバル「レガシィ」が選ばれた。特別賞は、「Most Advanced Technology」に、アルミモノコックを採用したジャガー「XJ」、「Most Fun」にマツダ「RX-8」、「Best Value」は日産「ティアナ」が、それぞれ輝いた。

 

48人の選考員による投票結果は以下の通り。

1位 スバル「レガシィ」 368点
2位 トヨタ「プリウス」 322点
3位 マツダ「RX-8」 238点
4位 ホンダ「オデッセイ」 116点
5位 ジャガー「XJ」 60点
6位 アウディ「A3」 55点
7位 BMW 「5シリーズ」 22点
8位 日産「ティアナ」 7点
9位 フォルクスワーゲン「トゥアレグ」 7点
10位 ボルボ「XC90」 5点

【特別賞】

Most Advanced Technology:ジャガー「XJ」
Most Fun:マツダ「RX-8」
Best Value:日産「ティアナ」

(webCGオオサワ)

日本カー・オブ・ザーイヤー オフィシャルサイト:
http://www.jcoty.org/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る