日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

2003.11.14 自動車ニュース
 

日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、第24回2003-2004年「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)の最終選考が、2003年11月13日に行われ、スバル「レガシィ」が受賞車に決定した。

 

トヨタの新型「プリウス」、マツダ「RX-8」などをおさえ、2003-2004年の日本COTYは、4代目に進化したスバル「レガシィ」が選ばれた。特別賞は、「Most Advanced Technology」に、アルミモノコックを採用したジャガー「XJ」、「Most Fun」にマツダ「RX-8」、「Best Value」は日産「ティアナ」が、それぞれ輝いた。

 

48人の選考員による投票結果は以下の通り。

1位 スバル「レガシィ」 368点
2位 トヨタ「プリウス」 322点
3位 マツダ「RX-8」 238点
4位 ホンダ「オデッセイ」 116点
5位 ジャガー「XJ」 60点
6位 アウディ「A3」 55点
7位 BMW 「5シリーズ」 22点
8位 日産「ティアナ」 7点
9位 フォルクスワーゲン「トゥアレグ」 7点
10位 ボルボ「XC90」 5点

【特別賞】

Most Advanced Technology:ジャガー「XJ」
Most Fun:マツダ「RX-8」
Best Value:日産「ティアナ」

(webCGオオサワ)

日本カー・オブ・ザーイヤー オフィシャルサイト:
http://www.jcoty.org/

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT... 2017.3.8 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】スバルが「XV」や「インプレッサ」のコンセプ... 2017.9.25 自動車ニュース