日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

2003.11.14 自動車ニュース
 

日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、第24回2003-2004年「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)の最終選考が、2003年11月13日に行われ、スバル「レガシィ」が受賞車に決定した。

 

トヨタの新型「プリウス」、マツダ「RX-8」などをおさえ、2003-2004年の日本COTYは、4代目に進化したスバル「レガシィ」が選ばれた。特別賞は、「Most Advanced Technology」に、アルミモノコックを採用したジャガー「XJ」、「Most Fun」にマツダ「RX-8」、「Best Value」は日産「ティアナ」が、それぞれ輝いた。

 

48人の選考員による投票結果は以下の通り。

1位 スバル「レガシィ」 368点
2位 トヨタ「プリウス」 322点
3位 マツダ「RX-8」 238点
4位 ホンダ「オデッセイ」 116点
5位 ジャガー「XJ」 60点
6位 アウディ「A3」 55点
7位 BMW 「5シリーズ」 22点
8位 日産「ティアナ」 7点
9位 フォルクスワーゲン「トゥアレグ」 7点
10位 ボルボ「XC90」 5点

【特別賞】

Most Advanced Technology:ジャガー「XJ」
Most Fun:マツダ「RX-8」
Best Value:日産「ティアナ」

(webCGオオサワ)

日本カー・オブ・ザーイヤー オフィシャルサイト:
http://www.jcoty.org/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る