日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

2003.11.14 自動車ニュース
 

日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レガシィ」に!

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、第24回2003-2004年「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)の最終選考が、2003年11月13日に行われ、スバル「レガシィ」が受賞車に決定した。

 

トヨタの新型「プリウス」、マツダ「RX-8」などをおさえ、2003-2004年の日本COTYは、4代目に進化したスバル「レガシィ」が選ばれた。特別賞は、「Most Advanced Technology」に、アルミモノコックを採用したジャガー「XJ」、「Most Fun」にマツダ「RX-8」、「Best Value」は日産「ティアナ」が、それぞれ輝いた。

 

48人の選考員による投票結果は以下の通り。

1位 スバル「レガシィ」 368点
2位 トヨタ「プリウス」 322点
3位 マツダ「RX-8」 238点
4位 ホンダ「オデッセイ」 116点
5位 ジャガー「XJ」 60点
6位 アウディ「A3」 55点
7位 BMW 「5シリーズ」 22点
8位 日産「ティアナ」 7点
9位 フォルクスワーゲン「トゥアレグ」 7点
10位 ボルボ「XC90」 5点

【特別賞】

Most Advanced Technology:ジャガー「XJ」
Most Fun:マツダ「RX-8」
Best Value:日産「ティアナ」

(webCGオオサワ)

日本カー・オブ・ザーイヤー オフィシャルサイト:
http://www.jcoty.org/

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】 2015.10.28 自動車ニュース