スバル「サンバー」シリーズ一部改良

2003.11.14 自動車ニュース
 

スバル「サンバー」シリーズ一部改良

富士重工業は、スバルの軽自動車「サンバー」シリーズを一部改良し、2003年11月10日から販売を開始した。


写真はいずれも「ディアスワゴン」。インテリアは明るい雰囲気となった。
 

■シートを2トーン色に

軽乗用車「ディアスワゴン」をはじめ、バンやトラックなど商用車をラインナップする「サンバー」シリーズ。今回の一部改良では、装備を充実し、商品力を強化したという。「ディアス」を「ディアスワゴン」に統合し、「バン」「トラック」の3車種に集約する一方、商用系に新グレードを追加した。ハイルーフの軽乗用車「ディアスワゴン」の主な変更点は、シート表皮を「ネイビー」、サイドは「アイボリー」と、専用の2トーンに改めた。また、メーカー装着オプションの濃色ガラスを、NA車に拡大展開した。
価格は、「標準タイプ」「スーパーチャージャー」とも据え置かれ、109.1万円から152.3万円まで。一方、「ディアス」は「ディアスワゴン」に統合され、ラインナップから姿を消した。

福祉車両「トランスケアシリーズ」にも同様の改良を施したほか、「ウィングシートリフトタイプ」を、油圧から電気式に変更。座面の回転やスライドなどを全自動化するなど、機能性向上にも努めた。

■商用系はグレード拡大

バンでは、「VC」と「VB」の内装に、サイドサポート付きハイバックシートを採用。「VC」には、フロントパワーウィンドウやメッキタイプのフロントグリルを装着するなどした。
バンと「トラック」の新しいラインナップとして、快適性や積み荷の安全性に配慮した装備をもつ「VC plus」(104.8万円から)、JAの専売車種である「JAサンバートラック」と同仕様の「TC Professional」(79.3万円から)が加わったことも新しい。このほか、特装車シリーズに、「新型低床 折戸簡易保冷コンテナ」(102.9万円から)「土砂ダンプ」(100.9万円から)が登場。グレード展開を強化した。

問い合わせは、0120−052215まで。

(webCG カワデ)

スバル「サンバー」:
http://www.subaru.co.jp/sambar/index_h.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る