キャディラック、「ドゥビル」「セビル」「CTS」の2004年モデル発表

2003.11.13 自動車ニュース
 

キャディラック、「ドゥビル」「セビル」「CTS」の2004年モデル発表

日本ゼネラルモーターズは、100周年を迎えた「キャディラック」の2004年モデルを発表。「ドゥビルDHS」「セビルSTS」「CTS2.6&3.2」のラインナップで、2003年11月8日に発売した。価格はいずれも据え置かれた。


【写真上】「セビルSTS」
【写真下】2004年春に導入予定の「XLR」
 

キャディラックの2004年モデルは、装備品に小変更が施された。
フラッグシップ「ドゥビルDHS」は、フロントシートにクーリング機能、ステアリングホイールにはヒーターを装着した。エントリーモデル「CTS」は、2.6、3.2リッターモデルとも、パニックブレーキアシストが備わり、安全性を向上。フロントシートに、パワーアシスト付きランバーサポートを採用したことも新しい。「セビルSTS」は、右ハンドルタイプがラインナップから姿を消し、左ハンドルのみとなった。

2003年上半期(4〜9月)の販売台数443台(JAIA調べ)と、販売に伸び悩むキャディラック。2004年度は、CTS以降、「アート&サイエンス」をテーマにつくられた、2座オープン「XLR」と中型SUV「SRX」を投入し、495.0万円から1150.0万円の価格帯と幅広い陣容で、日本市場に攻勢をかける予定だ。1世紀を生きた“アメ車”のトップブランドが、今度こそニッポンのユーザーに受け入れられるか注目される。

(webCG カワデ)

キャディラック:
http://www.cadillac.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る