【スペック】全長×全幅×全高=4630×1760×1480mm/ホイールベース=2700mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=275.0万円(テスト車=同じ)

トヨタ・アベンシス セダンLi(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・アベンシス セダンLi(4AT) 2003.11.12 試乗記 ……275.0万円総合評価……★★★★2003年10月6日に発売された欧州製トヨタ車「アベンシス」。英国から、2リッターのセダンとワゴンが入れられる。「ビスタ/ビスタアルデオ」に替わる輸入モデルに、『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。


中堅は助っ人

「アベンシス」とは、つまり欧州版「コロナ/カリーナ」である。いつの間にか「アベンシス」なる名前になっていて、知らないうちに彼の地で2代目に進化していて、このたび、わが国に紹介されることになった。名実ともミニバンに主役の座を譲ったニッポンのセダン/ワゴン市場、縮小一方のマーケットに投入された海外からの助っ人。ヨーロッパでの好調な滑り出しを伝え聞くと、“強力”の枕詞もつけたくなる。
「予想以上によくできたので、ぜひ日本のお客さまにも乗ってほしい」と、開発陣は胸を張る。そこでニューモデルを叩いてみれば、ドメスティックな「ビスタ/ビスタアルデオ」をフルモデルチェンジするよりも……と、ソロバンを弾く音が聞こえた、ような気が。アベンシス、英国生まれだけど。

いざステアリングホイールを握って走り始めれば、「やっぱりクルマはセダンが正調」との意識が抜けきれない守旧派を驚喜(狂喜には至らない)させるデキのよさ。「走る」「止まる」「曲がる」なんてカビくさい3要素を口にしてホメたい感じ。セダンがミニバンに歩み寄る日本市場と、まだまだセダンが力をもつマーケットの違い、といったら大袈裟に過ぎましょうか。
アベンシスは、「アリスト」「ヴェロッサ」と「ラウム」「ファンカーゴ」の間を埋める国際派。輸入車にして、フォルクスワーゲンよりも、オペルよりも、プジョーよりも安いのがポイント。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
アベンシスは、英国TMUK(Toyota Motor Manufacturing UK)で生産される英国車。「アベンシス」の名を使ったモデルとしては2代目になる。2003年10月6日に、日本国内でのデビューを果たした。セダンとワゴンが用意され、わが国では、いずれも「2リッター+4AT」モデルが販売される。FF(前輪駆動)ほか、ビスカスカプリングを用いた「Vフレックスフルタイム4WD」モデルもカタログに載る。
(グレード概要)
アベンシスは、セダン、ワゴンとも、ベーシックな「Xi」と、装備を充実した「Li」に大別される。Liは、室内のトリムレベルが上がるほか、ひとまわりスポーティな「215/45R17」のタイヤを履き、「ブレーキアシスト」「VSC」「カーテンエアバッグ」などを標準で装備する。Xiに、カーテンエアバッグのオプション設定はない。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
そこはかとなく“廉価版フォルクスワーゲン”といった趣のあるインパネまわり。テスト車の「Li」は上級グレードで、室内をブラックと濃い茶、シルバーで渋めにキメる。全体に、シンプルにそつなくまとめられた。質感の価格対効果は高い。
装備は充実。「オプティトロンメーター」「クルーズコントロール」「オーディオコントロール用スイッチ付きステアリングホイール」「左右独立式オートエアコン」、さらに「Li」では、DVDナビゲーションシステムまで標準で付いてくる!
(前席)……★★★★
シートは「Li」「Xi」ともファブリックとなるが、表皮柄で差別化される。シート形状は、一部の欧州車のように長めの座面が印象的だ。とはいえ、あたりが柔らかく、クッションも優しいのが、剛健な民族系ドイツ車との違い。クルマの性格からか、ホールド性はあまり重視されない。背もたれの角度を、ラチェット式のレバーで自在に決められるのが新しい。運転席側のみ、やはりレバーでシート全体の上下を調整することができる。
(後席)……★★★★
ちょっと驚く広い後席。やや低めの着座位置ながら、姿勢よく座ることができる。膝前、肩まわり、頭上空間とも文句ない。センターシートにも3点式シートベルト、ヘッドレストが備わり、身長170cmくらいまでの乗員なら、真ん中でも実用に耐えよう。左右乗員の体格が、大幅に横に広くないかぎり。
アームレストを引き出すと、先端に2人分のカップホルダーが備わる。トンネルコンソール後端に、12Vの電源ソケットあり。アベンシスのリアシートは、Liのみ、6:4の分割可倒式となる。
(荷室)……★★★★
ラゲッジ容量520リッター(VDA方式)と、このクラスにして十二分の広さを誇る。トランクリッドを支えるヒンジの通り道には樹脂製のカバーが用意され、積んだ荷物との干渉を防ぐ配慮がなされる。床面最大幅は152cm。ただ、ホイールハウスが張り出すので、実際に有効な幅は120cmほどか。奥行き114cm。高さは50cm。両脇には、モノ入れがある。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
欧州市場では1.6、1.8、それにディーゼルターボもラインナップされるが、日本に入るのは「2リッター直4+4段AT」仕様のみ。実はコレ、日本で生産される「ウィッシュ」のパワーパックである。“ガイシャ”を一販売チャネルに加えるにあたり、パーツ、アフターサービスに関する不安を払拭したかったのだろう。
可変バルブタイミング機構を備えた2リッター直噴エンジンは、おとなしく街乗りをするぶんには、静かで、過不足ないアウトプットを発生する。フルスケール回しても、劇的なサウンドが弾けたり、パワーがほとばしることはないけれど、黒子に徹して、黙々と働く。「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆)」をパスし、「2010年燃費基準」を先行して達成した。
トランスミッションはシーケンシャルシフトも可能だが、通常「D」、すこし機敏に走りたいときは「S」モードにシフターを入れておけば、不満を感じることはない。4段で十分。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
欧州仕様をそのまま入れたアベンシスの足まわりは、総じて硬め。しかし、峠を飛ばしていると、そこはかとなく感じる“トヨタ車的軟体感”。ハッキリした「ハンドリング」と、突き上げの角を丸める「乗り心地」の妥協点が、同社の場合、ココなのだろう。
カーブでのロールは少なく、“曲がり”の連続もシッカリこなす。すぐに顎を出す“旦那セダン”からの脱却は果たしたが、ステアリングホイールを操作していて、ことさら楽しいというわけではない。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年10月15日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:557km
タイヤ:(前)215/45R17 87W(後)同じ(いずれもDunlop SP Sport3000)
オプション装備:−−
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):山岳路(5)
テスト距離:−−
使用燃料:−−
参考燃費:−−

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る