ボルボ「S60」の特別仕様車を限定発売

2003.11.11 自動車ニュース

ボルボ「S60」の特別仕様車を限定発売

ボルボカーズジャパンは、スポーティさを打ち出したミドルサルーン「S60」の2004年モデルに、エアロパーツやスポーツサスペンションを装着した特別限定車「S60 2.5T“Sport”Limited Edition」を、2003年11月10日に発表した。台数は150台限定で、2003年11月15日から予約受付を開始する。

■よりスポーティに

「S60 2.5T“Sport” Limited Edition」は、2.5リッター直5ライトプレッシャーターボ(209ps、32.6kgm)を搭載する「2.5T“Sport”」をベースに、ボディキットなどで内外装をスポーティに演出したモデル。足まわりには、専用スポーツサスペンションと、新デザインの専用17インチアルミホイールを採用し、ダイナミックな走りを追求したという。

エクステリアには、2003年のフランクフルトモーターショーで「S60 Sport」として公開した、「ボルボカーコーポレーション(VCC)」企画のボディキットを装着。スポーツ性能とダイナミックなイメージを際立たせたという。
インテリアは、オフブラックの本革スポーツシートに、S60では初採用となるブラックメッシュタイプのアルミパネルを組み合わせた。シフトノブやパーキングレバーは本革巻き、「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を装備するなど、プレミアム性を高める高級志向も忘れない。装備面ではほかに、フロントウィンドウスクリーンに落ちた雨滴を感知してワイパーを自動的に作動させる「レインセンサー」等が備わる。

「ギアトロニック」付き5段AT、右ハンドルのみの設定で、価格は529.5万円。ボディ色は、「ブラックサファイヤメタリック」と「シルバーメタリック」がともに75台ずつ。合計150台の限定となる。詳しくは、0120−55−8500まで

(webCG カワデ)

「ボルボカーズジャパン」:http://www.volvocars.co.jp/

 
ボルボ「S60」の特別仕様車を限定発売の画像

関連キーワード:
S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場 2017.8.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ベーシックグレードの「タック」および充実した装備を誇る「クラシック」グレードが追加設定された。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
ホームへ戻る