スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

2003.11.10 自動車ニュース

スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

スズキは、コンパクトハッチ「エリオ」と、セダンの「エリオセダン」にマイナーチェンジを施し、2003年11月7日に販売を開始した。マイナーチェンジの眼目は、内外装の変更による質感向上など。

エクステリアは、1.5リッターモデルに、新デザインの前後バンパーと、「S」マークの入ったフロントグリルを採用。スズキは、「S」をモチーフにした新しいロゴマークでブランドイメージの訴求を図っており、ブランド戦略を反映したフロントマスクになった。ほかに、ホイールデザインが変更された。
インテリアは、インパネやセンターコンソール、操作系レバー類のデザインを一新。シート表皮も新しくなった。時刻と外気温を表示する「インフォメーションディスプレイ」が、全車標準装備となったこともニュースだ。

グレード体系が整理され、エリオ、エリオセダンとも、排気量と駆動方式によるモノグレードになった。価格は、1.5リッターモデルが、従来比約10.0万円高となる。詳細は以下の通り。

●エリオ(4AT)
1.5リッターFF/4WD:139.8万円/157.8万円
1.8リッターFF/4WD:144.8万円/163.8万円

●エリオセダン(4AT)
1.5リッターFF/4WD:137.1万円/155.1万円
1.8リッターFF/4WD:142.1万円/161.1万円

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2012.2.12 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)
    ……183万2250円

    「スイフトスポーツ」に追加されたCVT仕様に試乗。スポーツコンパクトに求める“ファン・トゥ・ドライブ”を感じることはできるのか?
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る