スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

2003.11.10 自動車ニュース

スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

スズキは、コンパクトハッチ「エリオ」と、セダンの「エリオセダン」にマイナーチェンジを施し、2003年11月7日に販売を開始した。マイナーチェンジの眼目は、内外装の変更による質感向上など。

エクステリアは、1.5リッターモデルに、新デザインの前後バンパーと、「S」マークの入ったフロントグリルを採用。スズキは、「S」をモチーフにした新しいロゴマークでブランドイメージの訴求を図っており、ブランド戦略を反映したフロントマスクになった。ほかに、ホイールデザインが変更された。
インテリアは、インパネやセンターコンソール、操作系レバー類のデザインを一新。シート表皮も新しくなった。時刻と外気温を表示する「インフォメーションディスプレイ」が、全車標準装備となったこともニュースだ。

グレード体系が整理され、エリオ、エリオセダンとも、排気量と駆動方式によるモノグレードになった。価格は、1.5リッターモデルが、従来比約10.0万円高となる。詳細は以下の通り。

●エリオ(4AT)
1.5リッターFF/4WD:139.8万円/157.8万円
1.8リッターFF/4WD:144.8万円/163.8万円

●エリオセダン(4AT)
1.5リッターFF/4WD:137.1万円/155.1万円
1.8リッターFF/4WD:142.1万円/161.1万円

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
ホームへ戻る