ジープ「ラングラー」と「チェロキー」の2004年モデルを発売

2003.11.07 自動車ニュース
 

ジープ「ラングラー」と「チェロキー」の2004年モデルを発売

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」と「チェロキー」の2004年モデルを発表。2003年11月8日から発売を開始する。


TOP写真:「ラングラー」
写真下:「チェロキー」
 

「ラングラー」の04年モデルは、ハードトップの「サハラ」にスピードコントロールを標準装備。ソフトトップの「スポーツ」は、エクステリアカラーに「ソーラーイエロー」が追加された。

「チェロキー」は、エンジンコントロールユニットのプログラムを変更。これに伴い、最高出力が210psから204psに、最大トルクは32.1kgmから31.3kgmと、若干パワーダウンした。一方、カタログ燃費は、6.5km/リッターから6.6km/リッターに向上。ガソリンタンク容量が、従来の70リッターから73リッターに増えたことも新しい。
装備面では、運転席のシートベルトが未装着の時に警告ランプと警告音が作動する「シートベルトリマインダー」が追加された。

チェロキーのスポーティモデル「レネゲード」は、サイドステップからロックレイルに変更。ボディサイドモールディングの色を、ボディ同色からブラックに統一した。

ラインナップは従来と変わらず。価格も全モデルで据え置かれ、「ラングラー」は272.0万円から、「チェロキー」は299.0万円からとなる。

(webCG カワデ)

「ジープ」:http://www.jeep-japan.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る