【スペック】911カレラ4Sカブリオレ:全長×全幅×全高=4491×1852×1304mm/ホイールベース=2450mm/車重=1515kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(400ps/7400rpm、44.9kgm/5600rpm)/燃費(NEDC)=10.0リッター/100km(MT)、9.2リッター/100km(PDK)(欧州仕様車)

ポルシェ911カレラ4シリーズ【海外試乗記】

シーンを選ばぬ安定性 2012.12.06 試乗記 ポルシェ911カレラ4シリーズ

「ポルシェ911」シリーズに四駆モデルの「カレラ4」が加わった。RR派を自認する筆者をうならせた(?)新型「911カレラ4」の走りをオーストリアからお届けする。

グラマラスな肢体

2012年11月初旬のオーストリア・グラーツ近郊はとても冷え込んでいて、山間部にはもう積雪が見られる状況だった。例年ならば、秋の終わりの気持ちの良い季節だそうだが、今年のヨーロッパは冬の訪れがいつになく早いのだ。しかし、そんなコンディションは今回ばかりは、むしろおあつらえ向きだったと言えるかもしれない。何しろ試乗したのはポルシェの新型「911カレラ4」と「911カレラ4S」だったのだから。

メカニズムに触れる前に、触れずにはおれないのがそのアピアランスだ。先代と同様、ワイド化されたボディーはリアセクションが44mm幅広になり、タイヤサイズも10mm増に。スーパースポーツ的な華やかさをたたえた「991」シリーズの肢体を、さらにグラマラスに演出している。
特に印象的なのはリアビュー。左右テールランプを結ぶストリップがワイド感を一層強調している。駆動方式より何より、ルックスで選ぶ人がいても、これなら全然不思議じゃない。

無論、中身だって十分にソソってくる。フルタイム4WDシステムは先代の後期型から使う電子制御式のPTM(ポルシェ・トラクション・マネジメント)の最新型。しかもカレラ4Sには、MT車にPTV(ポルシェ・トルク・ベクトリング)、PDK車にPTV Plusが搭載される。つまり前後だけでなく左右輪間の駆動力配分まで自在に制御できるわけだ。


ポルシェ911カレラ4シリーズ【海外試乗記】の画像
「カレラ4」シリーズには左右のテールライトを結ぶようにパーキングライトが備わる。
「カレラ4」シリーズには左右のテールライトを結ぶようにパーキングライトが備わる。
【スペック】911カレラ4カブリオレ:全長×全幅×全高=4491×1852×1300mm/ホイールベース=2450mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(350ps/7400rpm、40.0kgm/5600rpm)/燃費(NEDC)=9.5リッター/100km(MT)、8.7リッター/100km(PDK)(欧州仕様車)
【スペック】911カレラ4カブリオレ:全長×全幅×全高=4491×1852×1300mm/ホイールベース=2450mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(350ps/7400rpm、40.0kgm/5600rpm)/燃費(NEDC)=9.5リッター/100km(MT)、8.7リッター/100km(PDK)(欧州仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る