キャディラック、ニューモデル2車種を発表

2003.11.05 自動車ニュース
 

キャディラック、ニューモデル2車種を発表

日本ゼネラルモーターズは、キャディラックの新型2座オープン「XLR」と、SUV「SRX」を、2003年10月21日に発表した。いずれも「第37回東京モーターショー」(03年10月25日〜11月5日)で日本初公開された、キャディラックのニューモデルで、販売開始は2004年春が予定される。


【スペック】
XLR:全長×全幅×全高=4520×1850×1290mm/ホイールベース=2685mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(324ps/6400rpm、42.9kgm/4400rpm)
 

■先進の2座ロードスター

「XLR」は、100周年を迎えたキャディラックの新テーマ「アート&サイエンス」(創造的なデザイン&独創的なテクノロジー)に基づいた、シャープなデザインが特徴の2座ロードスター。デザインのみならず、ヘッドアップディスプレイやアクティブダンパーなどの先進装備が採用された。

プラットフォームは、新開発の「パフォーマンスカー・アーキテクチャー」を採用。ハイドロフォームで成形したフレームや、アルミ製コクピットで構成され、高剛性を実現したという。ルーフは、30秒で開閉するリトラクタブルハードトップを装備する。
インテリアは黒基調に、ユーカリウッドとアルミニウムをアクセントに使用。計器類は、イタリアの高級ブランド、ブルガリと共同でデザインされた。シートは、ヒーター&クーラー付き。ボーズ製9スピーカーオーディオ+6連奏CDチェンジャーなど、機能装備も充実する。
エンジンは、4.6リッターV8DOHC32バルブを搭載。「セビル」などでおなじみのユニットは、電子制御スロットルやバルブタイミング機構などを得て、324ps/6400rpmの最高出力と42.9kgm/4400rpmの最大トルクを発生。5段ATを介して後輪を駆動する。



 

ハイテクジマンのXLRは、4輪ダブルウィッシュボーンのサスペンションに、リアルタイムでダンパーの減衰力を調節する「マグネティック・ライド・コントロール」を搭載。急激な運転操作や、荒れた路面においても接地性が高く、安定性と安全性を両立したと謳われる。ほかに、前車間距離をレーダーで測定して速度調節する「アダプティブクルーズコントロール」、ドライバーに重要な情報をフロントガラスに投影する、ヘッドアップディスプレイなどが備わる。

左ハンドルのみの設定で、価格は1150.0万円。


SRXは、2列シートと3列シートの2バージョンが用意される。前者のセカンドシートは、クラス最大という、104cmの広いレッグルームジマン。カーゴルームに収納トレーを備えるなど、使い勝手に配慮した。
3列シートは、最大7人乗りの多人数乗車を実現。未使用時は、ボタン操作で簡単にフルフラット化できるという。
 

■スポーティSUV

SRXは、「CTS」のシグマアーキテクチャーをベースにつくられた、2列、または3列シートの中型SUV。BMW「X5」やフォルクスワーゲン「トゥアレグ」などをライバルとする。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4965×1850×1710mm、ホイールベースはクラス最大という2955mm。前:後=50:50の重量配分、低い重心などにより、スポーツセダン並の走行性能を実現したという。エンジンはXLRと同じ、324psと42.9kgmを発する4.6リッターV8を搭載。5段ATを介して4輪を駆動する。XLR同様、マグネティック・ライド・コントロールをはじめ、アシスト付きABSなどを装着。高いシャシー性能が謳われる。

価格は、710.0万円。電動収納式3列シートやリアシートDVD、サンルーフは、パッケージオプションで55.0万円になるという。

(webCGオオサワ)

キャディラック:http://www.cadillac.co.jp/

関連キーワード:
XLRキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックXLR(FR/5AT)【試乗記】 2005.6.11 試乗記 キャデラックXLR(FR/5AT)
    ……1200.0万円

    新世代「キャデラック」の旗艦「XLR」は、スタイリングと幌開閉時の派手な動作で目立ち度は抜群だ。自動車ジャーナリストの島下泰久は、いかにも無駄の多いこういうクルマがなくてはつまらないという。


  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 「レンジローバー イヴォーク」のディーゼル車にお買い得な限定モデル 2018.1.26 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年1月26日、ラグジュアリーコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(限定100台)を発表し、同日予約注文受付を開始した。
ホームへ戻る