メルセデスベンツ、0.9%特別金利の期間延長

2003.11.04 自動車ニュース

メルセデスベンツ、0.9%特別金利の期間延長

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Aクラス」「Cクラスセダン」「Cクラススポーツクーペ」の新車購入者を対象に、0.9%の特別金利を適応する「成約キャンペーン」を、2003年12月26日まで延長した。今回新たに「Cクラスステーションワゴン」を加え、さらに期間中「Sクラス」にも「金利0.9%のファイナンスプログラム」を実施する。

「成約キャンペーン」は、対象モデルの新車を、期間中に契約かつ登録した顧客を対象に、
・「Aコース」金利0.9%のファイナンスプログラム
・「Bコース」メルセデスベンツのアクセサリーやコレクション購入時に利用できる「メルセデスベンツ クーポン」(Aクラスは10.0万円相当、Cクラスは15.0万円相当)の進呈
のどちらかを選んでもらうというもの。今回期間延長に加え、フラッグシップ「Sクラス」も、0.9%金利の対象となった。

「Aコース」、もしくはSクラスを対象とした金利0.9%のファイナンスプログラムは、
・「ローン」(60回払いまで)
「リース」(3年まで)
・「ウェルカムプラン」(3年タイプ)
・「スーパーウェルカムプラン」(3年タイプ、AクラスとAMGを除く。Sクラスは「S350」のみ)
について、通常3.9%の金利が0.9%になる。ただし、メルセデスベンツファイナンスのファイナンスプログラムを利用することが条件だ。

S350(車両本体価格840.0万円)をスーパーウェルカムプラン(3年タイプ)で購入(頭金160.0万円、ボーナス28.0万円×6回)した場合、支払い合計金額は、約47.3万円お得になる。

詳しくは、メルセデスコール(0120-190-610)まで。

(webCG カワデ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る