ホンダ、「フィット」「HR-V」をマイナーチェンジ

2003.11.04 自動車ニュース
 

ホンダ、「フィット」「HR-V」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、スモールカーのヒット作「フィット」と、SUV「HR-V」をマイナーチェンジし、2003年10月21日から販売を開始した。


【写真上】「フィット」
【写真下】「HR-V」
 

■17年排ガス規制を先んじてパス

新型フィットのトピックは、環境性能の向上だ。全車「超-低排出ガス」認定を取得したほか、平成17年排ガス規制を先行してパス。1.3リッター車は、「75%低減レベル」を達成した。機関面はこれに加え、足まわりを変更。サスペンションチューニングやフロントスタビライザー径のアップ、フロア改良などにより、乗り心地や操縦安定性を高めたという。
内外装は、「1.5T」「W」「A」のインテリアカラーに「シフォンベージュ」、ボディカラーに「ショアラインベージュ・メタリック」を追加。HDDナビをオプション設定するなど、装備の充実化を図った。

価格は、新たに「スマートカードキー」を標準装備した「W」タイプが2.5万円高。その他グレードは据え置き。なお、福祉車両の助手席回転シート車「フィット・アルマス」は、同様の改良を行った上、2003年11月7日に発売する。

■スポーティを強調

今はなきコンパクトカー「ロゴ」ベースの「HR-V」は、全グレードのインテリアに、ブラックパール石目調センターパネル&ATエスカッションを採用。スポーティを強調したと謳われる。装備も充実し、ベーシックグレード「J」(FF)と「J4」(4WD)では、フルオートエアコンと本革巻きステアリングホイール(パンチングタイプ)を標準化。上級「JS」と「JS4」には、16インチアルミホイールとフロントアンダースポイラーを与えた。価格は、いずれも約10万円値下げされ、お買い得感を出したという。なお、HR-Vのオリジンたる3ドアモデルは、残念ながら廃止された。

(webCG カワデ)

本田技研工業「フィット」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/
同「HR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/hr-v/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る