「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、ベスト10決定

2003.11.01 自動車ニュース

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、ベスト10決定

恒例の日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2003-2004年の、第一次投票とも言える“10ベストカー”の開票が、2003年10月31日に行われ、受賞対象となる10台が決定した。


【写真上】トヨタ「プリウス」
【写真下】日産「ティアナ」

48人の選考委員による投票で晴れて選ばれた10台は、偶然にも国産車と輸入車が5台ずつとなった。これはJCOTYが国内外車を統合し、グローバルな賞になった昨年と同様である。この日選ばれた10台は以下の通り(順不同。評点は最終選考には関係がないためにここでは紹介しない)。


ホンダ「オデッセイ」

・トヨタ「プリウス」
・日産「ティアナ」
・ホンダ「オデッセイ」
・マツダ「RX-8」
・スバル「レガシィ」(3.0R、アウトバックを含む)
・フォルクスワーゲン「トゥアレグ」
・BMW「5シリーズ」
・アウディ「A3」
・ジャガー「XJ」
・ボルボ「XC90」



マツダ「RX-8」

最終選考会は11月12、13日に山梨県のリゾナーレ小淵沢を舞台に行われ、13日午後の投票でカー・オブ・ザ・イヤーと特別賞が決定する。

なおJCOTY、実行委員会、選考委員などの詳細は次のホームページをご覧戴きたい。
http://www.jcoty.org/

(webCG 大川)


スバル「レガシィツーリングワゴン」


フォルクスワーゲン「トゥアレグ」


BMW「5シリーズ」


アウディ「A3」


ジャガー「XJ」


ボルボ「XC90」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。