日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場

2003.11.01 自動車ニュース

日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2003年10月30日、2004年シーズンの全日本GT選手権(JGTC)に、「スカイラインGT-R」に替わり「フェアレディZ」で参戦する予定であることを発表した。11月16日のJGTC最終戦鈴鹿が「R34型」GT-Rの最後のレースとなる。

1990年、「スカイラインGT-R」は「R32型」で17年ぶりにサーキットに復帰。全日本ツーリングカー選手権(グループA)で活躍した後、全日本GT選手権に主戦場を移した。そして、1993、1994年(R32)、1995年(R33)と3年連続、1998年(R33)、1999年(R34)と2年連続でGTチャンピオンに輝いた。

日産とニスモから出されたリリースのタイトルは、「スカイラインGT-RによるJGTC参戦を一時休止」とされており、2007年にデビューが予定される新「GT-R」で復活する日を示唆している。

名マシンの後を継ぐのは、今シーズンGT300クラスに参戦している「フェアレディZ」。GT500へのアップグレードが現在進行中で、来シーズンのGT開幕戦に姿をあらわす模様だ。

なお日産は、「スカイラインGT-Rヒストリカルパレード」を、11月6日の最終戦の場で開催。歴代のGT-R約150台が鈴鹿サーキットパレードするという。

(webCG 有吉)

 
日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場の画像

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
ホームへ戻る