日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場

2003.11.01 自動車ニュース

日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2003年10月30日、2004年シーズンの全日本GT選手権(JGTC)に、「スカイラインGT-R」に替わり「フェアレディZ」で参戦する予定であることを発表した。11月16日のJGTC最終戦鈴鹿が「R34型」GT-Rの最後のレースとなる。

1990年、「スカイラインGT-R」は「R32型」で17年ぶりにサーキットに復帰。全日本ツーリングカー選手権(グループA)で活躍した後、全日本GT選手権に主戦場を移した。そして、1993、1994年(R32)、1995年(R33)と3年連続、1998年(R33)、1999年(R34)と2年連続でGTチャンピオンに輝いた。

日産とニスモから出されたリリースのタイトルは、「スカイラインGT-RによるJGTC参戦を一時休止」とされており、2007年にデビューが予定される新「GT-R」で復活する日を示唆している。

名マシンの後を継ぐのは、今シーズンGT300クラスに参戦している「フェアレディZ」。GT500へのアップグレードが現在進行中で、来シーズンのGT開幕戦に姿をあらわす模様だ。

なお日産は、「スカイラインGT-Rヒストリカルパレード」を、11月6日の最終戦の場で開催。歴代のGT-R約150台が鈴鹿サーキットパレードするという。

(webCG 有吉)

 
日産、「GT-R」でのGT参戦を一時休止、2004年からは「Z」で出場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る