【東京モーターショー2003】スマート「マルチプロダクト化が進むコンパクトカーブランド」

2003.10.30 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】スマート「マルチプロダクト化が進むコンパクトカーブランド」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。ダイムラークライスラーのコンパクトカーブランドであるスマートは、初の4人乗りモデル「forfour」をはじめ、続々と増えつつあるラインナップを披露した。


「forfour」
 

■4人乗り登場!

スウォッチで有名なSMH社とメルセデスベンツが手を組んで始めたスマートというコンパクトカー事業は、「シティクーペ」(日本では単にクーペ)デビューから6年を経た現在、マルチプロダクト化を推進している。
クーペに加え、オープン「カブリオ」、風変わりな屋根なし「クロスブレード」、ハイパフォーマンスバージョン「ブラバス」、日本専用の軽仕様「K」、そして「ロードスター」「ロードスタークーペ」というラインナップを揃えるに至った。
全車、デザイン上のアクセントでもある強固な骨格「トリディオン・セーフティセル」、他車にはないポップな内外装、2素材2色のコンセプト、楽しい走りというスマートの“4つの遺伝子”を受け継いだ、小さな2人乗りモデルである。昨年の世界での販売台数は12万2300台、累計では50万台を超えたという。


「forfour」の内装
 

その商品群に新たに4ドア・4シーターモデルが加わる。グループ企業の三菱「コルト」をベースとした「forfour」がそれだ。

5ドアハッチバックボディはラインナップ中最大の大きさ。といっても、全長×全幅×全高=3752×1684×1450mm、ホイールベース=2500mmという、一般的なコンパクトカーの範疇に入れていいサイズ。重さは1トンを切る。
エンジンは、1.1リッター直3(74bhp、10.1kgm)、1.3リッター直4(95bhp、12.7kgm)と1.5リッター直4(107bhp、14.7kgm)の3種類。トランスミッションは、5段マニュアルか、「ソフタッチ・プラス」と呼ばれる6段セミオートマチックを用意。オプションでパドルシフトを選ぶこともできるという。


こちらは“元祖スマート”の「クーペ」。日本では143.0万円のプライスタグを付ける。
 

外見は、一見してスマートと認識できる2トーンデザイン。トリディオンも健在で、「本当にベースはコルトか?」と思わせるほど。インテリアを見ると、後ろにはもちろん後席がある。丸基調のメーター、スイッチなどにその“遺伝子”を認識できる。

2004年春には欧州でデリバリーされる予定という「forfour」。日本にやってくる日が待ち遠しいが、どうなることだろうか。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。