メルセデスベンツ「CLKクラス」に最廉価モデルを追加

2003.10.30 自動車ニュース

メルセデスベンツ「CLKクラス」に最廉価モデルを追加

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデスベンツの高級クーペである「CLKクラス」に、1.8リッター直4を積むエントリーグレード「CLK200コンプレッサー」を加え、2003年10月20日から販売を始めた。価格は、従来の「CLK240」を60.0万円下回る530.0万円。とはいえ、内装、外装はもちろん、エンジン能力でもCLK240と遜色のない仕上がりで、割安感が前面に現れたお得なモデルだという。

■能力維持した1.8リッターエンジン

新グレードの特徴は、1.8リッター直4DOHC搭載による低価格だ。エンジン排気量は小さいが、新設計のスーパーチャージャーを取り付け、高強度アルミニウムシリンダーヘッド/クランクケースにより軽量化。吸排気双方を抑制するバリアブルバルブタイミング機構を採用することで、総排気量の減少分を補った。最高出力は163ps/5500rpm、最大トルク24.5kgm/3500rpmと、CLK240の170ps&24.5kgmに匹敵する性能を実現した。さらに、カタログ燃費は、CLK240の9.3km/リッターに対し10.4km/リッターとなっており、経済性も優れる。

内外装、安全装備などは、CLK240とほぼ同じ。CLK240で標準装備だったバイキセノンヘッドライトやCDチェンジャーなどはオプションとなる。ステアリングは右ハンドルのみ。

(webCG 川出)

 
メルセデスベンツ「CLKクラス」に最廉価モデルを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • メルセデスベンツCLK320カブリオレ(5AT)【試乗記】 2003.6.15 試乗記 メルセデスベンツCLK320カブリオレ(5AT)
    ……780.0万円

    クーペから遅れること約1年。2003年5月19日、メルセデスの4座オープン「CLKカブリオレ」が日本デビュー。自動車ジャーナリストの河村康彦がさっそく試乗した。


ホームへ戻る