【東京モーターショー2003】BMW「『6シリーズ』をアジア初公開」

2003.10.30 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】BMW「『6シリーズ』をアジア初公開」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。BMWは、MINIとともにブースを展開、アジア初公開となる「6シリーズ」クーペなどを発表した。


往年の名車(1976-1989年)を現代に蘇らせた「6シリーズ」。パワーユニットはバルブトロニックの備わる4.4リッターV8。DSC、AFS、DDCなど、「5シリーズ」並の電子デバイスも載る。マックススピード250km/h(リミッター作動)、0−100km/h加速は5.6秒というパフォーマンスだ。
 

■ややインパクトに欠ける……?

日本法人ビーエムダブリュー(株)は、幕張メッセのすぐ近くに社屋をもつ(蛇足だが)。真の地元(?)で行われる東京モーターショーでは、中央ホールの中央にMINIとともに陣取り、現行ラインナップを中心にブースを展開していた。総じていえば、大きなサプライズもなく、ややインパクトに欠ける印象を受けた。

BMWが押す1台が新型「6シリーズ」。アジアデビューとなるが、海外メーカーの多くに見られたように、フランクフルトでも披露された“二番煎じ”の観は否めず、せっかくの優麗なクーペボディもちょっと目立たなかった。このクーペだが、本国では間もなく発売されるという。日本市場でも予約受け付けを始め、6ATが990.0万円、またSMG付きは1000.0万円となる。


8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「5シリーズ」
 

新型「5シリーズ」、マイナーチェンジ版「X5」とひとまわり小さい新顔「X3」、スポーツモデル「M3」の高性能バージョン「CSL」などを並べ、プレミアムを前面に出さんとするバイエルン発動機(Bayerische Motoren-Werke)だった。

一方、MINIブースは幾分賑やかだ。前回の乗用車ショー(2001年)でお披露目され、いまでも月に1000台以上が登録されると聞けば頷ける。ベーシックな「ONE」、スポーティな「Cooper」、インタークーラー付スーパーチャージャーの「Cooper S」らが飾られていた。

(webCG 有吉)


2003年に4勝をあげ、コンストラクターズランキングで2位に入った「BMWウィリアムズF1」も見ることができる。ガードマン付きで、近寄ることはできないが……。
 

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る