【東京モーターショー2003】BMW「『6シリーズ』をアジア初公開」

2003.10.30 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】BMW「『6シリーズ』をアジア初公開」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。BMWは、MINIとともにブースを展開、アジア初公開となる「6シリーズ」クーペなどを発表した。


往年の名車(1976-1989年)を現代に蘇らせた「6シリーズ」。パワーユニットはバルブトロニックの備わる4.4リッターV8。DSC、AFS、DDCなど、「5シリーズ」並の電子デバイスも載る。マックススピード250km/h(リミッター作動)、0−100km/h加速は5.6秒というパフォーマンスだ。
 

■ややインパクトに欠ける……?

日本法人ビーエムダブリュー(株)は、幕張メッセのすぐ近くに社屋をもつ(蛇足だが)。真の地元(?)で行われる東京モーターショーでは、中央ホールの中央にMINIとともに陣取り、現行ラインナップを中心にブースを展開していた。総じていえば、大きなサプライズもなく、ややインパクトに欠ける印象を受けた。

BMWが押す1台が新型「6シリーズ」。アジアデビューとなるが、海外メーカーの多くに見られたように、フランクフルトでも披露された“二番煎じ”の観は否めず、せっかくの優麗なクーペボディもちょっと目立たなかった。このクーペだが、本国では間もなく発売されるという。日本市場でも予約受け付けを始め、6ATが990.0万円、またSMG付きは1000.0万円となる。


8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「5シリーズ」
 

新型「5シリーズ」、マイナーチェンジ版「X5」とひとまわり小さい新顔「X3」、スポーツモデル「M3」の高性能バージョン「CSL」などを並べ、プレミアムを前面に出さんとするバイエルン発動機(Bayerische Motoren-Werke)だった。

一方、MINIブースは幾分賑やかだ。前回の乗用車ショー(2001年)でお披露目され、いまでも月に1000台以上が登録されると聞けば頷ける。ベーシックな「ONE」、スポーティな「Cooper」、インタークーラー付スーパーチャージャーの「Cooper S」らが飾られていた。

(webCG 有吉)


2003年に4勝をあげ、コンストラクターズランキングで2位に入った「BMWウィリアムズF1」も見ることができる。ガードマン付きで、近寄ることはできないが……。
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る