スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

2003.10.29 自動車ニュース

スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

スズキは、クロスカントリーモデル「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」とタイアップした特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を設定。2003年10月28日から販売を開始した。

スズキは、2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」の冠スポンサーを務めている。「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」は、同大会の“躍動的なイメージ”に合わせ、専用部品でスポーティーな内外装を演出したモデルだ。

外観に、専用フロントグリル&バンパーとフォグランプ、リヤアンダー&ヘッドランプガーニッシュなどを装着。スペアタイヤハウジングは、「FIS」のロゴマーク入りとなる。インテリアは、オーディオ装備が充実。6枚CDチェンジャーに加え、専用チューニング6スピーカーを採用した。本革巻きステアリングホイールにはオーディオコントローラーが備わり、ドライバーの手元で操作できる。ほかに、撥水加工シート&シートヒーター(前席)など、装備が充実する。

2リッター(4AT/4WD)のみの設定で、価格は203.8万円。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る