スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

2003.10.29 自動車ニュース

スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

スズキは、クロスカントリーモデル「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」とタイアップした特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を設定。2003年10月28日から販売を開始した。

スズキは、2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」の冠スポンサーを務めている。「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」は、同大会の“躍動的なイメージ”に合わせ、専用部品でスポーティーな内外装を演出したモデルだ。

外観に、専用フロントグリル&バンパーとフォグランプ、リヤアンダー&ヘッドランプガーニッシュなどを装着。スペアタイヤハウジングは、「FIS」のロゴマーク入りとなる。インテリアは、オーディオ装備が充実。6枚CDチェンジャーに加え、専用チューニング6スピーカーを採用した。本革巻きステアリングホイールにはオーディオコントローラーが備わり、ドライバーの手元で操作できる。ほかに、撥水加工シート&シートヒーター(前席)など、装備が充実する。

2リッター(4AT/4WD)のみの設定で、価格は203.8万円。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車の画像

関連キーワード:
エスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
ホームへ戻る