スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

2003.10.29 自動車ニュース

スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

スズキは、クロスカントリーモデル「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」とタイアップした特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を設定。2003年10月28日から販売を開始した。

スズキは、2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」の冠スポンサーを務めている。「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」は、同大会の“躍動的なイメージ”に合わせ、専用部品でスポーティーな内外装を演出したモデルだ。

外観に、専用フロントグリル&バンパーとフォグランプ、リヤアンダー&ヘッドランプガーニッシュなどを装着。スペアタイヤハウジングは、「FIS」のロゴマーク入りとなる。インテリアは、オーディオ装備が充実。6枚CDチェンジャーに加え、専用チューニング6スピーカーを採用した。本革巻きステアリングホイールにはオーディオコントローラーが備わり、ドライバーの手元で操作できる。ほかに、撥水加工シート&シートヒーター(前席)など、装備が充実する。

2リッター(4AT/4WD)のみの設定で、価格は203.8万円。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る