スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

2003.10.29 自動車ニュース

スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車

スズキは、クロスカントリーモデル「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」とタイアップした特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を設定。2003年10月28日から販売を開始した。

スズキは、2000年から「FISフリースタイルワールドカップ」の冠スポンサーを務めている。「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」は、同大会の“躍動的なイメージ”に合わせ、専用部品でスポーティーな内外装を演出したモデルだ。

外観に、専用フロントグリル&バンパーとフォグランプ、リヤアンダー&ヘッドランプガーニッシュなどを装着。スペアタイヤハウジングは、「FIS」のロゴマーク入りとなる。インテリアは、オーディオ装備が充実。6枚CDチェンジャーに加え、専用チューニング6スピーカーを採用した。本革巻きステアリングホイールにはオーディオコントローラーが備わり、ドライバーの手元で操作できる。ほかに、撥水加工シート&シートヒーター(前席)など、装備が充実する。

2リッター(4AT/4WD)のみの設定で、価格は203.8万円。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エスクード」にFISワールドカップ特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その8) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。三菱自動車は新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を世界初公開した。
ホームへ戻る