【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」

2003.10.28 自動車ニュース

【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。フォードグループに属するボルボのプレスブリーフィングは、22日13時20分から中央ホールで行われた。

■新型「S40」登場!

ボルボは、今回唯一のコンセプトカーとなった「VCC」(バーサリティ・コンセプト・カー)をブース中央に据えた。ソーラーパネルが組み込まれたルーフパネルと、左右観音開きのドアも持つ、全長4915mmの大きなワゴンだ。将来、同社の「Vレンジ」での採用を示唆するコンセプトモデルである。

しかし、それ以上に注目を集めていたのが、先のフランクフルトショーで発表された新型「S40」(2004年発売予定)。マツダ「アクセラ」や、次期フォード「フォーカス」とプラットフォームを共用するボルボのエントリーモデルである。
先代よりも全幅と全高を拡大。それでも全長が短縮されたからだろうか、エクステリアからはギュッとしまったイメージを受ける。エンジンは、2.4リッター、もしくは2.5リッターターボの新型直列5気筒エンジンを搭載。トランスミッションは、5段ATが組み合わされる。

照かりを抑えたシルバーパネルと、淡いグレーのシートで構成されるインテリアは、人間工学に基づいて設計されたという。ボルボ自慢の“人にやさしい”デザインがウリだ。

「新型S40は、日本市場において強力な存在になるでしょう」とは、ボルボカーズのネシップ・スヤップ代表取締役社長。激戦を極めるDセグメントモデルだけに、気合いが感じられるスピーチであった。

(NAVI佐藤トシキ)

 
【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」の画像

コンセプトカー「VCC」
 

	コンセプトカー「VCC」
	 

新型「S40」
 

	新型「S40」
	 

新型「S40」インテリア
 

	新型「S40」インテリア
	 

関連キーワード:
S40ボルボ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
ホームへ戻る