【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」

2003.10.28 自動車ニュース

【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。フォードグループに属するボルボのプレスブリーフィングは、22日13時20分から中央ホールで行われた。

■新型「S40」登場!

ボルボは、今回唯一のコンセプトカーとなった「VCC」(バーサリティ・コンセプト・カー)をブース中央に据えた。ソーラーパネルが組み込まれたルーフパネルと、左右観音開きのドアも持つ、全長4915mmの大きなワゴンだ。将来、同社の「Vレンジ」での採用を示唆するコンセプトモデルである。

しかし、それ以上に注目を集めていたのが、先のフランクフルトショーで発表された新型「S40」(2004年発売予定)。マツダ「アクセラ」や、次期フォード「フォーカス」とプラットフォームを共用するボルボのエントリーモデルである。
先代よりも全幅と全高を拡大。それでも全長が短縮されたからだろうか、エクステリアからはギュッとしまったイメージを受ける。エンジンは、2.4リッター、もしくは2.5リッターターボの新型直列5気筒エンジンを搭載。トランスミッションは、5段ATが組み合わされる。

照かりを抑えたシルバーパネルと、淡いグレーのシートで構成されるインテリアは、人間工学に基づいて設計されたという。ボルボ自慢の“人にやさしい”デザインがウリだ。

「新型S40は、日本市場において強力な存在になるでしょう」とは、ボルボカーズのネシップ・スヤップ代表取締役社長。激戦を極めるDセグメントモデルだけに、気合いが感じられるスピーチであった。

(NAVI佐藤トシキ)

 
【東京モーターショー2003】ボルボ「『S40』は強力な存在」の画像

コンセプトカー「VCC」
 

	コンセプトカー「VCC」
	 

新型「S40」
 

	新型「S40」
	 

新型「S40」インテリア
 

	新型「S40」インテリア
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る