【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:メルセデスベンツ篇」

2003.10.28 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:メルセデスベンツ篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。メルセデスベンツは、コンセプトカー「F500マインド」を東京モーターショーで世界初公開した。


ハイブリッド、バイワイヤーなどの技術を投入した「F500マインド」は、未来の自動車テクノロジーの方向性を示すと謳われるコンセプトカー。ファストバックのセダンボディにはBピラーがなく、「インテリアピラー」と称する“柱”によって剛性を確保した。エンジンは、Sクラスが積む4リッターV8 CDI(250ps)に、50kW電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム。
電子制御式スロットル&ブレーキのメリットを活かし、ペダルに圧力センサーを装着。通常の機械式ペダルより省スペースなため前席をフロントにオフセットでき、居住スペースを拡大できた。ステアリングにもバイワイヤーが用いられる。様々な情報を表示する「マルチビジョンディスプレイ」や、暗闇でも150m先の物体を赤外線で映像化する「ナイトビジョン」など、ハイテク装備もジマン。メルセデスベンツはF500マインドで、同車に搭載された技術の実用試験を行うという。
 

■ドイツ人的発想

コンセプトカー「F500マインド」のワールドプレミアを東京に選んだことから、メルセデスベンツが、いかに日本市場を大事にしているかがうかがえる。うがった見方をすれば、現在のドイツ勢の技術的劣勢をすこしでも挽回すべく、日本車に負けてないことをアピールするためのクルマだ。

日本のデザインスタジオが製作したボディは、ドアが特徴。観音開きと従来型、いずれの方式でも開閉できる。パワートレインは、4リッターV8 CDIディーゼルに、50kWモーターを組み合わせたハイブリッドを搭載する。並列に置いてクラッチで繋ぐところが、ドイツ人的発想だ。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)


観音開きの場合、ドア開口部は1900mm。室内中央にインテリアピラーが備わる。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。