【東京モーターショー2003】ポルシェ「『カイエン』ほか売れてます」

2003.10.28 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】ポルシェ「『カイエン』ほか売れてます」

ポルシェのプレスブリーフィングは、2003年10月22日16時40分から中央ホールで行われた。ポルシェAG、ハンス・リーデル氏が語った内容の多くは、好調な販売状況の報告で占められた。


「カレラGT」
カーボンモノコックのボディに、612psと60.2kgmのアウトプットを発生する5.7リッターV10を搭載したスーパースポーツ。0-100km/h加速はわずか3.9秒、330km/hの最高速度を誇る。
 

■前年比23.2%増

2002年に引き続き、大きく業績を伸ばすポルシェ。グループ全体での年間総販売台数は、前年比23.2%増の大幅な伸びを示し、6万6803台という過去最高の販売台数を達成したという。なお、この数字のうち2万603台は、同社初のSUV「カイエン」が占める。売れ行き好調のカイエンには、新たにV6エンジンを搭載したモデルを追加。2004年春に登場する予定だ。価格は599.0万円。

ポルシェブース一番の注目は、やはりカーボンモノコックのボディに最高出力612psのV10エンジンを搭載した「カレラGT」。プレスデイでは平地に置かれていたが、一般公開の際はステージ上に移動されるという。
加えて、新たに登場した「911カレラ4Sカブリオレ」や「ターボカブリオレ」のほか、911のデビュー40周年を記念したスペシャルエディションなどが展示された。

(NAVI岡田)


「911ターボカブリオレ」
 

関連キーワード:
カイエンポルシェ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ポルシェ) 2017.9.14 画像・写真 フランクフルトショーの会場から、リアウイングのない「911 GT3ツーリングパッケージ」やハイパフォーマンスモデルの「911 GT2 RS」、最高出力550psを発生する新型の「カイエン ターボ」などが展示された、ポルシェのブースを写真でリポート。
  • 第449回:日本のブレーキシステムも搭載! 新型「ポルシェ・カイエン」はここに注目 2017.10.12 エディターから一言 2017年夏のフルモデルチェンジで、全方位的な進化を遂げたとアピールされる、ポルシェのSUV「カイエン」。その技術的な見どころは? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト・河村康彦が、ドイツで得られた情報をお伝えする。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記