【東京モーターショー2003】ポルシェ「『カイエン』ほか売れてます」

2003.10.28 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】ポルシェ「『カイエン』ほか売れてます」

ポルシェのプレスブリーフィングは、2003年10月22日16時40分から中央ホールで行われた。ポルシェAG、ハンス・リーデル氏が語った内容の多くは、好調な販売状況の報告で占められた。


「カレラGT」
カーボンモノコックのボディに、612psと60.2kgmのアウトプットを発生する5.7リッターV10を搭載したスーパースポーツ。0-100km/h加速はわずか3.9秒、330km/hの最高速度を誇る。
 

■前年比23.2%増

2002年に引き続き、大きく業績を伸ばすポルシェ。グループ全体での年間総販売台数は、前年比23.2%増の大幅な伸びを示し、6万6803台という過去最高の販売台数を達成したという。なお、この数字のうち2万603台は、同社初のSUV「カイエン」が占める。売れ行き好調のカイエンには、新たにV6エンジンを搭載したモデルを追加。2004年春に登場する予定だ。価格は599.0万円。

ポルシェブース一番の注目は、やはりカーボンモノコックのボディに最高出力612psのV10エンジンを搭載した「カレラGT」。プレスデイでは平地に置かれていたが、一般公開の際はステージ上に移動されるという。
加えて、新たに登場した「911カレラ4Sカブリオレ」や「ターボカブリオレ」のほか、911のデビュー40周年を記念したスペシャルエディションなどが展示された。

(NAVI岡田)


「911ターボカブリオレ」
 

関連キーワード:
カイエンポルシェ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る