【東京モーターショー2003】ダイムラークライスラー「ワールドプレミアを2台発表」

2003.10.28 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】ダイムラークライスラー「ワールドプレミアを2台発表」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。海外メーカーのコンセプトカーのほとんどが9月のフランクフルトショーからの“お下がり”だったが、ダイムラークライスラーは贅沢にも“ワールドプレミア”のコンセプトカーを2台ももち込んだ。
メルセデスベンツは、“走る実験車”を標榜するコンセプトカー「F500マインド」、クライスラーは、ジープの未来形といえるコンセプトカー「トレオ」を世界初公開した。


【写真上】ダイムラークライスラー乗用車部門のトップ、プロフェッサー・ユルゲン・フベルト(中央)
【写真下】世界初公開となったメルセデスベンツ「F500マインド」
 

■ハイテクのテストベッド

ハイブリッド、バイワイヤーをはじめとするハイテク満載の「F500マインド」。「Sクラス」の標準ボディとロングホイールベースのほぼ中間(2965mmのホイールベースは標準Sクラスと同じ)にあたる、全長5092mmの4ドアセダンである。
パワーユニットはV8ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせ、走行モードによって使い分けるハイブリッドシステムを採用。リアドアはドア下部のヒンジが移動することで、観音開きも可能とした。


メルセデスベンツ「F500マインド」
【スペック】
全長=5092mm/ホイールベース=2965mm/4リッターV8ディーゼル(250ps、184kW)+電気モーター(50kW)
 

装備は、どれも先行開発されている技術ばかり。赤外線ヘッドライト&ナイトビジョン、表示を好みによって変えることができるマルチビジョン、ペダル表面にセンサーを装着して踏圧を感知するアクセル/ブレーキペダルなど、将来に向けた技術開発のテストベッドとなっている。


ジープ「トレオ」
【スペック】
全長×全幅×全高=3235×1680×1585mm/ホイールベース=2450mm/トレッド=1499/1499mm/最低地上高=200mm/車重(概算)=816kg
 

■近未来型ジープ「トレオ」

ジープブランドのコンセプトカー「トレオ」は、近未来のジープ。その名の由来は、2+1の3人乗り(後席は取り外し可能)であること。後席が1名乗車ゆえ、リア部分が絞り込まれたボディデザインが特徴的だ。丸型ヘッドランプや7本のグリルなど、ジープの伝統を受け継ぎながら、ボディ全体を硬質なイメージに仕立てている。

パワートレインは未定ながら、前後に電気モーターを備えるフルタイム4WDを想定。将来の燃料電池などにも対応するという。ステアリングホイールやペダル、メーターなどをモジュール化することで、システム全体をダッシュボードの溝に沿って移動でき、ステアリング位置を左/右どちらにも変えられるという。


クライスラー「300Cツーリング・コンセプト」
 

■クライスラー「300Cツーリング・コンセプト」

クライスラーブース、もう1台のコンセプトカー「300Cツーリング・コンセプト」は、フランクフルトショーで発表されたモデル。2003年初のニューヨークショーにはセダンが登場したが、こちらはステーションワゴン版だ。300Cシリーズのグリルが目立つフロントマスクは、1998年のデトロイトショーに出品されたコンセプトカー「クロノス」から受け継いだもの。ショルダーラインの張り出したボディサイドやロングノーズのスタイリングは、マッチョでどこかクラシカルだ。


クライスラー「300Cツーリング・コンセプト」
【スペック】
全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm/ホイールベース=3048mm/駆動方式=FR(セダン、ワゴンは4WD)/5.7リッターV8
 

エンジンは、セダン/ワゴンいずれも5.7リッター「ヘミ」V8を搭載。駆動方式が異なり、セダンがFR、ワゴンはフルタイム4WDを採用する。日本市場には、セダンが2004年冬頃に導入されるとのこと(ワゴンは未定)だ。ちなみに、「PTクルーザー」のオープンモデル「カブリオ」も、2004年春に発売されることが決定している。


メルセデスベンツ「ビアノ 3.2トレンド」(手前)
【スペック】
全長×全幅×全高=4755×1910×1900mm/ホイールベース=3200mm/車重=2090kg/駆動方式=FR/3.2リッターV6SOHC(218ps/5600rpm、31.1kgm/2800〜4750rpm)/車両本体価格=470.0万円

メルセデスベンツ「バネオ 1.9アンビエンテ」(奥)
【スペック】
全長×全幅×全高=4205×1740×1845mm/ホイールベース=2900mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/1.9リッター直4SOHC(125ps/5500rpm、18.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=320.0万円
 

■ベンツのミニバン2車種を発売

現実的な市販車から、いくつかピックアップしよう。メルセデスベンツは、モーターショーのプレスデイ初日に、ミニバン「バネオ」と「ビアノ」を発表、販売を開始した。
バネオは「Aクラス」ベースのMPV。ボディサイズは全長×全幅×全高=4205×1740×1845mmと、Aクラスに較べて600×20×270mm大きい。ホイールベースは2900mmと475mm延ばされ、“大人になったAクラス”といったルックスだ。エンジンは、Aクラスで採用済みの1.9リッター直4 SOHC(125ps/5500rpm、18.4mkg/4000rpm)を搭載する。「1.9アンビエンテ」のモノグレードで、価格は320.0万円と発表された。

一方のビアノは、「Vクラス」の後継車。商用車「VITO」のプラットフォームを採用したことで、前輪駆動から後輪駆動となった。標準車のスリーサイズは、全長×全幅×全高=4755×1910×1900mm(Vクラスは4670×1890×1890mm)、ホイールベース3200mm(同:3000mm)。荷室が245mm長いロングバージョンは、全長が5000mmとなる。
エンジンは、3.2リッターV6(218ps/5600rpm、31.1mkg/2800〜4750rpm)を搭載。5段ATと組み合わされる。脱着可能な2列/3列シートを装備する7人乗りとされ、ボディ両側にスライドドアを採用した。

価格は、「3.2トレンド」が470.0万円、セルフレベリングサスペンションなどを備える上級グレード「3.2アンビエンテ」は540.0万円。ロングバージョンの「3.2アンビエンテ・ロング」は560.0万円となる。

(CG 岩尾)

関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2005.2.28 試乗記 クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)
    ……567万円

    二玄社編集顧問大川悠が昨年試乗したクルマの中で、いちばん強い印象を受けたのが「クライスラー300C」だった。「新開発のOHV」を心臓に持ち、メルセデス・ベンツのコンポーネントを流用するモデルの魅力は、デザインによるところも大きかった。


  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る