ランドローバー、New「フリーランダー」の予約注文開始

2003.10.28 自動車ニュース
 

ランドローバー、New「フリーランダー」の予約注文開始

ランドローバージャパンは、「レンジローバー」のデザインキューを取り入れ広範囲にわたり改良を施した新型「フリーランダー」の予約注文を、2003年10月21日から開始した。ニューモデルは、フェイスやリアデザインのほか、フェイシアやドア内装などのインテリアも一新し、より快適な室内空間を演出したという。


写真はいずれも海外仕様
 

■「ランドローバー一家」の外観

エクステリアは、フロントバンパー、ヘッドライト、フロントグリルのデザインを一新。レンジローバーに代表される“ランドローバーファミリー”の顔に生まれ変わった。「ツインポケット」と呼ばれる、クリアレンズを採用したヘッドライトに、ファミリーの面影が見て取れる。
インテリアでは、快適性と高級感の向上を図った。レンジローバーと同様、水平と垂直のラインを基調にデザインしたほか、本皮やメタリックパーツを多用し質感を高め、よりプレミアムな室内空間を創り出したという。シートはホールド感を高めた新タイプが装着される。

エンジンは、2.5リッターV6DOHC24バルブ。トランスミッションは、コマンドシフト付5速オートマチックトランスミッションが組み合わされる。燃料タンク容量が旧型より5リッター増え、65リッターとなった。

安全装備として、ABSやEBD、ETC(トラクションコントロール)を標準装備。ランドローバーが特許をもつ、滑りやすい急勾配で速度を制御する「HDC」(ヒル・ディセント・コントロール)も備わる。

ラインナップから、3ドアモデル「GS」がなくなり、5ドアのみとなったこともニュース。価格は、ベーシックな「SE」が325.0万円、上級「HSE」は365.0万円と、内外装のグレードアップにあわせて若干値上げされた。

(webCG川出)

ランドローバー:http://www.landrover.co.jp/

関連キーワード:
フリーランダーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(後編) 2018.1.4 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せずクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・シビック タイプR」に試乗する。ハンドリングもエンジンも大絶賛の谷口だが、ひとつだけ不満があるという。谷口が指摘する新型タイプRの弱点とは何か?
ホームへ戻る