【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:プジョー篇」

2003.10.27 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:プジョー篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。プジョーの次期ミドルクラスレンジを担うと目される「407エリクシール」のデザインと、それに搭載されるであろう、アイシン製6段オートマチックトランスミッションについて語る。


プジョーの次期「4シリーズ」を予告する「407エリクシール」。「406」までの、ピニンファリーナによる端正な姿はがらっと変わって、アグレッシヴな顔つきが印象的だ。フランクフルトショーにデビューしたコンセプトカーは、3ドアハッチバック(あるいはステーションワゴン)での提案だが、セダン/クーペ/ワゴンと三つの姿が込められているという。フロントマスクの大きなインテーク、一層つり上がってきた眼、グリルから独立した大きなエンブレムなどが特徴。強く傾斜したウィンドシールドから、スポイラーおよびロールバー風デザインのルーフ後端部まで、巨大なガラスサンルーフとなる。リアウィンドウは、クォーターパネルまで回り込む。
【スペック】
全長×全幅×全高=4734×1920×1400mm/ホイールベース=2725mm/トレッド前=1646mm/トレッド後=1684mm
 

■次期「407」&アイシンの新型6段AT

「407エリクシール」のフロントマスクは、次期「407」そのものだという話を聞いた。プジョー「プロメテ」が「307」になった過去の例を思うと、現実味がある。

興味深いのは、搭載される(であろう)アイシン製6段ATだ。ポルシェ「カイエン」、VW「トゥアレグ」に搭載されるものとほぼ同じ内容で、横置きFF向けのトランスミッションが部品館に展示されていた。おそらく、プジョー・シトロエン・グループはコレを採用するだろう。意外とコンパクトで、重量やシャシーダイナミクスの影響もすくなそうである。ドイツ車のように、1速〜2速が離れていないといいけど……。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)


アイシンブースに出品されたFF向け横置き6段AT。次期プジョー「4シリーズ」が採用するだろうと、笹目二朗は予測する。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。